<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

足助町にて I

2018.02.21 Wednesday

 

唐突ですが、お正月に愛知県の”足助町”です。

現在は合併により豊田市に編入されています。

 

DSC05729 (1).jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/200,F2,iso400】

 

正月早々何故ここを訪ねていたのかという事は置いておきますが、年老いた母親の強い希望ということです。

これに巻き込まれたのは私と義兄、そして甥っ子です。

 

DSC05733 (1).jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/400,F2,iso400】

 

私は大晦日から島を飛び出し、「土樽」のあたりで1年間の身体と心の汚れを清めていました。

次いで、佐渡汽船で年老いた母を迎え、その足で新潟空港へと向かい、甥っ子を迎えました。

その日は妙高山の麓で新年を迎え、元旦に列島を縦断して、名古屋市で義兄を迎えました。

 

DSC05742 (1).jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/500,F2,iso400】

 

そのまま足助町の宿場町に近いところに宿泊し、この日の朝を迎えました。

冒頭からの3枚は足助八幡宮の写真ですが、正月早々立派なドラゴン2匹が私を迎えてくれました。

 

お陰様で、おみくじの予備抽選は「1」。

さらにそこから引き出されたおみくじも「大吉」でした。

 

DSC05745 (1).jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1250,F2,iso400】

 

八幡宮から宿場町へと向かうところに架かっているのがこの巴橋です。

天邪鬼な私は橋を直接渡らず、橋の下へと続く階段を下ってみました。

案外、橋脚に萌えました。

 

DSC05749 (1).jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/400,F2,iso400】

 

事前に入手したマップを片手に”順路”どおりに進んでみます。

 

DSC05729.jpg

【α7SII,LA-EA4,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/8000,F2,iso400】

 

DSC05731.jpg

【α7SII,LA-EA4,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/4000,F2,iso400】

 

DSC05757 (1).jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/4000,F2,iso200】

 

DSC05735.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/1000,F11,iso400】

 

DSC05736.jpg

【α7SII,LA-EA4,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/125,F11,iso400】

 

「マンリン小路」という小路です。

ガイドマップでも目を惹く場所でした。

一同「マリリン小路」と読み違いしてしまいまして、「何故、『マリリン??』」と…。「ネーミングがなぁ」と…。

 

いや、素敵なネーミングの素敵な小路でした…。

 

DSC05761 (1).jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/6400,F2,iso200】

 

DSC05751.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/160,F11,iso400】

 

DSC05768 (1).jpg

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/3200,F2,iso200】

 

DSC05753.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/320,F11,iso200】

 

DSC05766.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/80,F11,iso200】

 

DSC05771.jpg

【α7SII,LA-EA4,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/1000,F2.8,iso100】

 

正月2日目の”足助町”は陽の光が注ぎ、冷たい風が通り抜けていました。

宿場町を二分しているのは「足助川」です。

川沿いに続く小路が良い味を出していました。

町並みの散策も良かったんですが、どこも”正月休み”でした。

人でごった返しているよりは遥かに良かったんですが、普段開店している商店もお休みということは想定していませんでした。

 

…当たり前ですよね。

 

で、川沿いの小路を行きます。

 

 

 

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:国内小旅行

JUGEMテーマ:旅写真

 

Naturality

2018.02.20 Tuesday

 

キンと冷えた朝でした。

 

DSC07919.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/125,F5.6,iso200】

 

出勤しようと車に乗り込んだところ、朝陽に照らされたフロントガラスの氷結模様があまりにキレイで見惚れてしまいました。

 

DSC07925.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/200,F5.6,iso200】

 

下の方から氷結して行ったと思うんですよね。

どんな自然の原理でこんなキレイな模様になるんでしょう…。

ワイパーで拭うにはあまりにも勿体なく、かといって自然に融けるのを見送るのもあまりに残念でした。

かといって、車を走らせない訳にも行かなかったという状況だったので「えぃっ」とウィンド・ウォッシャ液を浴びせることとしました。

またこんな素晴らしい氷結に出会わんことを願って…。

 

 

 

【捕捉】

毎度のことですが「Naturality」は実在する英単語ではありません。

何となくのニュアンスがお伝えすることができたら、嬉しいです。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:迫り来る冬

JUGEMテーマ:SONY

 

冷たい晴れ

2018.02.19 Monday

 

昨日の午後から再び吹雪に覆われました。

 

DSC07878.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/8000,F2,iso100】

 

もともとサラサラの雪でしたから、2〜3日気温があがったことでそのほとんどが融け去っていました。

 

DSC07879.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/8000,F2,iso100】

 

青野(Aono)の山中です。

昨日の午後からの積雪はほんの数センチといったところでしょうか。

 

DSC07881.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/8000,F2,iso100】

 

昨夜の降り方からしたら、これまたどれだけ積もるのかと思ったんですが、積雪そのものはさほどでもありませんでした。

 

DSC07883.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/8000,F2,iso100】

 

いつもの「ワサネマリーナ(Sawane Marina)」です。

1週間前には一面深い雪に覆われていました。

雪は一旦すべてなくなりました。

写真に写っている雪は昨夜積もったものです。

桟橋の支柱にこびりついた雪が、横風を物語っています。

 

DSC07885.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/8000,F2,iso100】

 

昨夏の豪雨により、この桟橋周辺の地形も大きく変わりました。

パッと見、桟橋の老朽化が進んでいるようです。

一時期立入禁止となっていた時期がありましたが、再び”危機”が近いような感じがします。

 

DSC07886.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/8000,F2,iso100】

 

佐和田海水浴場脇の駐車場です。

天気は悪くはなかったんですが、冷たい風の強い1日でした。

静かな入り江 --- 真野湾(Mano-wan Bay) --- に白波が立っていました。

 

DSC07889.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/8000,F2,iso100】

 

DSC07891.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/6400,F2.8,iso100】

 

DSC00277.jpg

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/320,F8,iso100】

 

真野湾越しに見える沢根の家並みの屋根が再び白くなっています。

佐渡のこうした海岸線に沿った家々の冬の風情は大好きです。

今回の寒さはそう長くは続かなそうな感じではありますが、またすぐそのあとにも寒さがやって来るようです。

なかなか冬を抜けきれない感じですが、これこそが春の足音 --- 所謂「三寒四温」 --- なのかも知れません。

 

 

 

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:迫り来る冬

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:つぶやき。