<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Today

2013.03.08 Friday

JUGEMテーマ:つぶやき。
JUGEMテーマ:癒しとやすらぎの自然・風景

今年も黄砂がやってくる時期となったようです。

毎日新聞では「嬉しくない春の便り」と題して、九州や中国地方への飛来予報を伝えていました。


DSC05258.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 50mm 1/500sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=暗い雲をグレー点指定 --



DSC05259(日陰).JPG
【α77】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 230mm 1/400sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=日陰 --



DSC05264(曇天).JPG
【α77】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 150mm 1/250sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=曇天 --



DSC05277(2100k).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 16mm 30.0sec F7.1 ISO=320 多分割測光 色温度=2,100k --

話題のPM2.5といい、何かと色々なものを飛ばしてくれる隣国です。。。

・・・まぁ、黄砂は自然現象なので仕方ありませんが。。。



ところで、3月1日から相川地区で「佐渡國相川ひなまつり」が開催されています。

古くから伝わるお雛様の展示はもちろん、お寺の涅槃図展も同時開催されているようです。


また、土日を中心に手打ちそばや、手作りパン屋さんもあるようです。

明日からまたお天気が心配ですが、この期間中にぜひとも相川へおいでいただけたらと思います。

ネイティヴ “なむさんぼ”

2012.11.01 Thursday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
職場の大ボスが中ボスのもとへ歩み寄り、あれやこれやと指示を出しておりました。



DSC00148(太陽光).JPG
【α77】+【50mm F1.4】
-- 50mm 1/2,000sec F2.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

それに対し、中ボスからも反論というか何と言うか、黙って引き下がる様子はありません。



DSC00158(太陽光).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/2,000sec F2.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

しかし、業を煮やした大ボスが「黙って言うこときかんかいっ!!」的な言葉で中ボスの発言を一蹴してしまいました。



DSC00159(曇天).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/2,000sec F2.2 ISO=100 多分割測光 WB=曇天 --

すると、たまらず中ボスの口をついて出た言葉は「なむさんぼっ!!」


周りにいた一同からは、爆笑と驚嘆の声がドカンと・・・。


「なむさんぼ」

あまりにも有名な佐渡弁のひとつと認識しておりますが、使われる地域や年代は割りと限定されているようで、
その場に居合わせた若い面々からは「すげぇっ!!」「ネイティブ“なむさんぼ”だっ!!」「初めて聞いた!!」「こうやって使うのかっ!!」と、
驚嘆と賞賛の(?)声が中ボスに寄せられました。

それを聞いて、大ボスに叩きのめされたにも関わらず、何となく得意げな中ボスです。


今日は低気圧の通過のせいか、船の結構も相次ぎ、暴風雨と雷で重苦しい雰囲気だったんですが、そんな空気を中ボスのネイティブな佐渡弁が変えてくれました。



写真は旧・佐渡女子高等学校(現・SADO 伝統文化と環境福祉の専門学校)の校舎前のイチョウです。

今日の激しい風と、叩きつけるような強い雨でずいぶんと散ってしまったんだと思います。

荒廃

2012.10.31 Wednesday

JUGEMテーマ:つぶやき。
 
勝手な憶測ではありますが・・・。



DSC00166(太陽光).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/400sec F3.2 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --



DSC00170(曇天).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/640sec F2.0 ISO=100 多分割測光 WB=曇天 --



DSC00171(太陽光).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/640sec F2.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --



DSC00172(太陽光).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/640sec F2.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --



DSC00173(太陽光).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/1,000sec F2.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --



DSC00182(AWB).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/250sec F5.6 ISO=100 多分割測光 AWB ピクチャーエフェクト=絵画調HDR --



DSC00184(AWB).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 55mm 1/400sec F5.6 ISO=100 多分割測光 AWB ピクチャーエフェクト=絵画調HDR --

耕作者が手放したであろう柿畑です。


昨年も何度か来た金北山(1,173m)の麓にある柿畑です。

昨年同様、熟しすぎた柿が自重に耐え切れずボトボトと落ちています。


佐渡の柿農家も高齢化や後継者不足が進み、廃作地が増えているようです。



DSC00203.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 24mm 30.0sec F5.6 ISO=100 多分割測光 雲をグレー点指定 --

秋らしく、コロコロと空模様が変わる最近です。

そして、天気予報もしっかりと当たっているようです。



今日の天気予報がどんなかは知りませんが、今日も夕方に雨が降りました。

漁師町の夜

2012.02.10 Friday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:☆夜景☆イルミネーション☆

私が勝手に思うに、「漁師町」という言葉がぴったりな集落が2つあります。



DSC04958.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 50mm 1/25sec F5.0 ISO=3,200 多分割測光 WB=街灯下の雪をグレー点指定 --

1つは七浦海岸線にある稲鯨(いなくじら)



DSC04968.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 35mm 1/10sec F4.5 ISO=1,600 多分割測光 WB=岸壁の雪の薄暗い部分をグレー点指定 --

そしてもう1つが、この姫津(ひめづ)です。

どちらも漁港があり、大きな漁船が岸壁に並び、漁り火漁のランプが揺れている姿が特徴的です。



DSC04978.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 24mm 1/10sec F4.5 ISO=1,600 多分割測光 WB=手前の雪の薄暗い部分をグレー点指定 --

地理的なこともあって、姫津にはよく来ます。

しかし、岸壁までこんな深い雪に覆われている姿はあまり見たことはありません。



DSC04979.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 18mm 1/10sec F4.5 ISO=2,500 多分割測光 WB=雪の薄暗い部分をグレー点指定 --

着岸中の漁船も、漁り火漁のランプも、凍てついているようです。



DSC04983.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 50mm 1/13sec F4.5 ISO=2,500 多分割測光 WB=雪の薄暗い部分をグレー点指定 --

こんな冬の時化の日は、さすがの漁師さんたちも大人しくならざるを得ないんでしょうか?


漁には出られなくとも、この漁師町に一軒だけある酒場からは漁師たちの酒盛りの声が漏れている・・・。

そんな風情が似合いそうです。



DSC05024.JPG
【αα77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 80mm 1/6sec F4.5 ISO=2,500 多分割測光 WB=漁船の白い部分をグレー点指定 --

残念ながら、そんな酒場などはありません。



DSC05032.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 40mm 1/8sec F4.5 ISO=2,500 多分割測光 WB=波の光をグレー点指定 --

漁師町の夜はひっそりとしていました。



DSC05006.JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/25sec F2.2 ISO=1,600 多分割測光 WB=雪の薄暗い部分をグレー点指定 --

さて、そろそろ帰ろうか・・・と思って車を動かすと雪が随分と小降りになっていることに気がつきました。


この集落の真ん中を県道へと突っ切る細い道では、雪掻きをする人の姿がありました。

この時間に掻いても、明日の朝には元通りになってしまうだろうにと思ったんですが、そろそろ帰宅するであろう家族のために掻いていたのかも知れません。



わずかな時間で色々な想像(妄想?)を膨らませてくれた漁師町です。

曇り時々…

2012.01.02 Monday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
昨日のお昼過ぎから空模様は芳しくありません。

今日も基本は曇り空です。


そして、時々霰が降ったり、霙になったり、雨だったり。。。

とりあえず、青空がほとんど無かった1日でした。



DSC01655.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 135mm 1/80sec F2.2 ISO=100 多分割測光 WB=葉っぱの光沢部分をグレー点指定 --

絵に描いたような「寝正月」を送っています。

が、こんなことではイカンと、午後になってプラプラと近所を歩いてみました。



DSC01660.JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/100sec F2.8 ISO=200 多分割測光 WB=右手前の観音像をグレー点指定 --

何となく「観音様」のようなものが見たい気分だったので、相運寺(そううんじ)へ来てみました。

このお寺の境内には四国八十八観音石仏と、西国三十三観音石仏があります。



DSC01662.JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/250sec F2.8 ISO=200 多分割測光 WB=石仏の白い部分をグレー点指定 --

四国八十八観音石仏です。


この石仏に囲まれるようにして大師堂があるんですが、そちらは半分朽ちかけているようです。

中を覗いてみると、床(畳)も抜け落ちているような状態でした。



DSC01661.JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/250sec F2.8 ISO=200 多分割測光 WB=石仏の白い部分をグレー点指定 --

すごく昔の話なんですが、町内のスタンプラリー大会みたいなものがあって、このお寺に観音様が何体あるのかがお題となっていた記憶があります。

たぶん、このお寺に足を運んだのはそれ以来だと思うので、下手をすると30年近くぶりです。


数年前までは人も居たと思うんですが、今は庫裏には誰も住んでいないようです。



DSC01664.JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/100sec F2.8 ISO=200 多分割測光 WB=光沢部分をグレー点指定 --

しばらく相運寺の境内を歩いてみたんですが、突然霰が降り出したので退散です。

笹が1本、風と霰の中を舞っていました。



DSC01678.JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/250sec F4.0 ISO=100 多分割測光 WB=左手屋根の雪をグレー点指定 --

京町通りをプラプラと。。。

「海が見下ろせる通りっていいなぁ・・・」なんて思いながら、海は全然青くは無かったです。



DSC01684.JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/250sec F4.0 ISO=100 多分割測光 WB=鉄格子をグレー点指定 --

いつの間にやら拘置所跡が整備されてキレイになっていました。

また収容を再開するんでしょうか。。。



DSC01687.JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/250sec F2.8 ISO=100 多分割測光 WB=張り紙をグレー点指定 --

「のらいぬcafe」さんは6日から営業のようですね。

まだ来たことがありません。

1度来てみたいと思いながら、なかなか機会がありません。

今年こそはと思います。



DSC01690.JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/60sec F2.8 ISO=100 多分割測光 WB=左手の磨りガラスの白をグレー点指定 --

こんな格子戸の建物あったかなぁ?

雰囲気良いです。



DSC01691.JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/125sec F2.8 ISO=100 多分割測光 WB=空の曇りをグレー点指定 --

このマークを見て思い出しました。

「年賀状書かなきゃ・・・」


と、ケータイが鳴って呼び出しがかかってしまったので、徒然なる散歩も突然終了です。

たまには地元もゆっくり歩かなきゃだめだなぁ、と感じた数時間です。



お正月休みもあと1日になってしまいました。。。

漁師町

2011.10.17 Monday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:日常。
 
何だかおかしげな天気でした。

昨日はやたらと風が強く、今日はまだその名残で島の西側の海岸には白波が立っていました。


9月の終わりだったか10月の初めに訪れた寒波は日本各地に初冠雪をもたらしました。

佐渡では冠雪こそしませんでしたが、この秋初めて"雪の匂い”を感じることができました。


そして今朝、少しだけ開けていた窓の下から「ビョォッ!」という風の音が聞こえました。

この秋に感じた2度目の「冬の気配」です。



DSC01881(AWB).JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 22mm 1/13sec F4.0 ISO=3200 AWB 多分割測光 --

と、それほどまでに気温が低かったり…という訳ではなかったんですが、雨がちな1日でした。


そんな1日の仕事帰り。

近所まで用事で来たついでに立ち寄ってみました。



DSC01883(AWB).JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 15.0sec F8.0 ISO=200 AWB 多分割測光 --

ここは外海府海岸に位置する姫津(ひめづ)というところです。



DSC01887(AWB).JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 75mm 10.0sec F8.0 ISO=200 AWB 多分割測光 --

海面から約50cm程度のところに道路が走り、その下では波が上下に動いています。

そして海岸線に並ぶ家々は軒並み石垣の上です。


さすがに冬の時化の時なんかは道路に海水が上がったりもしますが、この漁港にかぶさるような横島と巨大な防波堤が
この猟師町を守っています。



年に1度あるか無いかくらい、釣りに来たりもする場所なんですが、ここの夜景を撮るのは初めてかも知れません。

なかなか外海府の気候的に難しいですが、冬のシンと静まり返った雪の舞う夜が似合いそうです。

そんな風景を思い浮かべてみると、やはりここも「日本海」の海っ端の町なんだなぁ、とつくづく納得してしまいました。

とある夏の朝

2011.08.24 Wednesday

JUGEMテーマ:つぶやき。
 
お盆前。

まだ暑かった頃のある日の朝です。



DSC00179.JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/640sec F11.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

「佐渡の四季」開設史上3度目くらいの掲載になるかと思います。

佐渡の朝陽です。


何を血迷ったのか朝の4時過ぎに起きてしまい、何を考えたのか明け方の国仲平野へとやって来ました。



DSC00187.JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 18mm 1/2000sec F8.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

当然のように朝陽は東側から昇りますので、陽の光の下に見える山並みはいつもの大佐渡山地ではなく小佐渡丘陵です。



DSC00378.JPG
【α550】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 150mm 1/800sec F8.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

朝日の下、すっかり育った稲穂が呼吸をしていました。



DSC00182.JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 20mm 1/400sec F8.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

こちらが大佐渡山地です。

夕陽が沈む方向はこちらです。


まだ朝の6時台というのに、早くも夏の陽射しは突き刺さるかのようでした。



DSC00353.JPG
【α550】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 200mm 1/800sec F8.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

と、突如そこに現れたのはヘリコプターです(?)


まっすぐにこちらへ向かってくるもんですから、「えっ?俺何か悪いことしたっけ??」みたいな心持になってしまいました。



DSC00362.JPG
【α550】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 140mm 1/800sec F8.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

良く見ると、地上から操縦しているようです。

やけに小さく見えたものですから、自分の遠近感がおかしくなったのかと思ったんですが、ラジコンヘリのようです。



DSC00365.JPG
【α550】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 110mm 1/800sec F8.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

なるほど、航空防除ですね。

農家の方や、付近に立ち入る人がいないかを監視している方がいらっしゃいました。


こんな朝早くからご苦労様です。。。



DSC00367.JPG
【α550】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 110mm 1/800sec F8.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --



DSC00369.JPG
【α550】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 100mm 1/800sec F8.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

急旋回です。



DSC00371.JPG
【α550】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 100mm 1/800sec F8.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

一見簡単そうに見えますが、見事な操縦です。



DSC00375.JPG
【α550】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 100mm 1/800sec F8.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

田んぼの端々を縁取りした後に、真ん中の部分に均一に散布して行きます。

以前にもこのラジコンヘリが飛んでいる近くを通りがかったことはあるんですが、こんなにじっくり見たのは初めてです。



DSC00504.JPG
【α550】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 120mm 1/800sec F8.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

操縦士さんの背後に廻ってみました。

向かってくるヘリは相当迫力がありました。

思わず突っ込んで来るんじゃないかと思うくらいに接近したところで、くるりと方向転換させていきます。


一瞬でも操縦を誤ったらと思うと恐ろしくなってしまいますが、この若い操縦士さんの技術は見事でした。



朝早くから頑張る農家の方々の姿を見てこの後私がとった行動は、、、

邪魔だと怒られないうちにこの場を立ち去ることでした。。。

雪の夜、坂の町・相川

2011.01.12 Wednesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
相川は坂の町です。

かつての奉行所や寺町、京町がいわゆる「上町」という海岸段丘の上にあり、上町と下町をつなぐ坂道や石段は無数にあります。


“雪景色”という特殊な風情も手伝って、夜な夜な相川の道を徘徊してみました。



DSC06532.JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/5sec F1.8 ISO=400 WB=白色蛍光灯 多分割測光 --

江戸沢町(えどさわまち)から南沢町(みなみさわまち)へと続く坂道です。



DSC06537.JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/2.5sec F1.8 ISO=400 WB=白色蛍光灯 多分割測光 --

赤川(あかがわ)沿いに上町へと続く細く曲がりくねった道です。

もちろん、車のすれ違いなどもってのほか。

角を曲がったところで対向車でも来た日には「ごめんなさい」です。


道沿いには保育園があり、その当時はこの辺り一帯を自分の庭のように駆け回っていました。

昨夏に会ったT子おばちゃんや、M実ちゃんに見せてあげたい風景です。



DSC06527.JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/2sec F1.8 ISO=400 WB=白色蛍光灯 多分割測光 --

「寺町へと続く石段」です。

もうずいぶんとこの道を歩いていませんでした。



DSC06528.JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/2sec F1.8 ISO=400 WB=白色蛍光灯 多分割測光 --

昔はこの近くにカトリック教会があり、そこにあった遊具で遊んだり、冬になると坂道でソリをして遊んだものです。


ものすごく長い石段かと思っていたんですが、今歩いてみるとそんなに長くはありません。

「寺町へと続く階段」として市指定の文化財にも指定されています。(と思います)



DSC06543.JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/3sec F1.8 ISO=200 WB=白色蛍光灯 多分割測光 --

羽田町(はねだまち)の商店街から上町へと続く「紋平坂」(もんぺいざか)です。

皆さん「もんぺざか」と呼んでます。



DSC06546.JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/2.5sec F1.8 ISO=200 WB=白色蛍光灯 多分割測光 --

「相川の紋平坂にひとつ点く 灯よりいよいよ山黒くなる」

とは与謝野鉄幹が詠んだ歌だそうです。


今では、紋平坂に点く灯もLEDとなってしまいました。



DSC06550.JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1.0sec F1.8 ISO=200 WB=白色蛍光灯 多分割測光 --

下町と奉行所を一直線につなぐ「長坂」です。

その名のとおり長く、そして急な階段です。



DSC06551.JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1.0sec F1.8 ISO=200 WB=白色蛍光灯 多分割測光 --

この坂の上り口から、もうひとつS字に緩やかな勾配の「西坂」(にしざか)があります。


かつての相川中学校は、現在の奉行所の跡地にありました。

中学生の頃は、嫌でもこの長坂を駆け上がるか、西坂を行くしかありませんでした。


そんな2本の坂道も最近はずいぶんと歩いていません。



DSC06555.JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/2sec F1.8 ISO=200 WB=白色蛍光灯 多分割測光 --

坂を下りきったところには必ずこのマークです。

坂の数だけこのマークがあるということです。


相川の町を走るときは「止まれ」をお忘れなくいただきたいところです。



雪に誘われての、夜な夜なの相川の町の徘徊。。。

冬のうちにもう少し続けてみたいと思います。

石の花の咲く海岸

2010.02.14 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

外海府の石花(いしげ)の海岸線の風景です。




【50mm F2.8 Macro】
-- 50mm 2秒 F16.0 ISO=100 WB=昼白色蛍光灯 多分割測光 ND400フィルター --




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/250秒 F11.0 ISO=100 WB=昼白色蛍光灯 多分割測光 --




【50mm F2.8 Macro】
-- 50mm 8秒 F16.0 ISO=100 WB=昼白色蛍光灯 多分割測光 ND400フィルター --




【50mm F2.8 Macro】
-- 50mm 10秒 F11.0 ISO=100 WB=昼白色蛍光灯 多分割測光 ND400フィルター --




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 50mm 1/2.5秒 F22.0 ISO=100 WB=昼白色蛍光灯 多分割測光 --

石花は、相川市街地より佐渡一周線を北へ車で約30分ほど走ったところにあります。


石花川沿いに林道を辿ると、石花登山道入口があり、春先から秋にかけて多くのトレッキング客がこの登山道を利用します。


かつては、トレッキングシーズンが始まる前に石花のおっちゃんやおばちゃんたちとこの登山道の整備をして歩いたものです。

顔を出し始めた春の山野草を見ながら、峠近くの清水でくみ上げた水でトン汁を作り、塩辛い海の幸を肴に飲むビールは最高でした。


石花の集落は海っ端にあるんですが、県道より海側の民家のすぐ裏には日本海が迫っています。

消波ブロックも何も無く、時化の時なんかはそのまま大波をかぶりそうな場所なんですが、海岸線に咲く石の花がこの波を細かくくだいてくれます。



…と、実は職場の大先輩より「石名(いしな)海岸は素晴らしい」と教えていただき、この日写真を撮りに来たわけなんですが、
私すっかり勘違いしておりまして、私が訪れたのは石花でした。


でもまぁ、石花の海岸線も素晴らしかったですよ。えぇ。


そんな訳で、次回こそ石名の海岸線を撮りに行きたいと思います。



石名はもうちょい北でしたね(汗)

外海府へ

2009.12.21 Monday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

日曜日の午後、 厳しい北風と潮騒がひっきりなしに打ち付ける外海府海岸へフラリと走ってみました。




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 45mm 1/50秒 F11.0 ISO=100 WB=日陰 多分割測光 --

久しぶりに関岬(せきざき)へ来てみました。

この場所へ降り立つと背後で雷鳴が響きました。

ここへ来るまではずっと霙でしたが関より北側だけが明るかったです。

全く誰も足の踏み入れた様子のない道を、10cmの積雪にはまらないようにローで登ってきました。




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- プログラムAE 20mm 1/20秒 F3.5 ISO=100 WB=曇天 多分割測光 -.30EV --

今日の折り返し地点はこの海府大橋です。

ここへ降り立つと息も出来ないくらいの強風でした。

今年は一度くらいはこの下の大ザレの滝へ行こうとも思っていたんですが、結局行くことはありませんでした。

橋の上から覗き込むと普通に怖かったです。




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- プログラムAE 16mm 1/30秒 F4.0 ISO=100 WB=曇天 多分割測光 -0.3EV --

大ザレ渓谷の上流側です。

もっと雪の多い時に来ていたら、もっと美しい光景に出会えたと思います。

この上流へは比較的簡単に入れるそうなんですが、今年も行けずじまいでした。

こちらも覗き込むと非常に怖かったです。




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- プログラムAE 16mm 1/50秒 F5.6 ISO=100 WB=曇天 多分割測光 -0.3EV --

跳ね坂から見下ろした岩谷口の集落です。

もう何度も何度もこの風景を目にしています。

夏は爽快な景色になるんですが、不思議とこの場所からのイメージはこの原色の風景です。

この日はこの風景が見たいがためにここまでやって来たようなものです。




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 30mm 10.0秒 F22. 0 ISO=100 WB=曇天 多分割測光 --

「影の神」と呼ばれる大岩です。

元旦の朝、初日の出に照らされた金北山の山陰がこの大岩に映ると言伝えられています。

その日まであと10日ほどとなりました。




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 50mm 15秒 F11.0 ISO=100 WB=日陰 多分割測光 --

今年一番お世話になったのは戸地川かも知れません。

そして、その戸地集落です。



何だか1年の総まとめみたいな雰囲気になっていますが、今年もあと残すところあとわずかです。

行きたい場所はまだまだ山ほどあるのに、結局全然行き着けなかった1年でした。



ま、結局、同じところばっかり何度も何度も行っているから、新しいところに行けないんですよね。

来週あたりも普通に外海府の海岸をフラっと走っていそうな気がします。