<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

滝へのいざない

2008.07.04 Friday

佐渡の滝めぐりを始めて久しいのですが、最近は滞り気味です。
もっとも、この時期に山奥へ入るのはなかなか勇気もいるんですが。。。
(クモの巣、蜂、蛇、毛虫、雑草などなど・・・)

とか何とか言って、結局は簡単に行けそうな滝から順に制覇してきたため、
徐々に難攻不落な滝ばかりが残ってしまいました。

この日、下見に行って来たのは、佐渡が誇る河川・戸地川上流にある「幻の大滝」と言われる滝です。


林道を走ること約1時間。
気がつけば、目の前には大佐渡三山(そんな呼称は無いけど)、
金北山、二ノ岳、妙見山が目の前に迫るところまで来ていました。

ここは、金北山の北側約3舛里箸海蹐砲△訛臘融海任后


一番左手に聳える金北山。(1,173m)
頂上には自衛隊のレーダー基地があります。


金北山の右側の二ノ岳と、一番右奥に見えるのは妙見山。(1,042m)


二ノ岳のレーダー群。
ちゃんと機能してるんでしょうかね?


さらに、妙見山にはガメラレーダーが建設中です。
この施設の建設を巡って、昨年の春頃には随分とモメたようです。

さて、この大塚山と金北山の間には、深い深い谷が横切っているんですけど、その谷こそが、戸地川という訳です。

佐渡で4番目の水量を誇り、流れの急峻さという点では佐渡一という戸地川の源流部。
ちょうど、ニノ岳の直下部分に目を移すと・・・。


あった。。。

幻の大滝とも呼ばれるこの滝をついに捉えました。
白滝(しらたき)というそうです。
本来はいく筋にも分かれてあの巨大岩盤を落ちる滝だそうなんですが、
残念ながら水量が乏しく、ほとんど水が流れ落ちていませんでした。


この後、急に大粒の雨が落ちてきたため、やむを得ず撤収することとしました。
何せ、それ以上進むと二度と戻れなくなりそうな場所だったので、
またいつか、条件が整った時に目指したいと思います。


河口から目指すにしても容易にはいかないでしょうが、
この谷を一直線に降りて突っ切るのもしんどそうです。。。


また何度かこの場所へは来たいとは思います。
あとは、いつあの滝の直下を目指すかだな。。。

また逢いたいね もう逢えないね

2008.06.29 Sunday

You bring the rain from nowhere



And wash all my dreams away



Turn my precious colors



Into plain tyres of grey



♪YOU BRING THE RAIN/YUKIHIDE TAKEKAWA

休みの午後

2008.06.28 Saturday

仕事が多忙をきわめ、普段使わない頭を使う今日この頃。
人並みに疲れが出るようで、久しぶりにのんびりとカメラを構える時間の出来た土曜日の午後でした。


ドクダミの花です。


ずっと気になっていたんですけど、やっとカメラに収めました。
あの毒々しい葉っぱの風貌と、強烈な匂いからは考えられないほど清楚な花です。


これもずっと気になっていた花です。


名前は解らないんですけど、2枚だけ下に伸びた白い花びらが特徴です。


山椒の実でしょうか?
良い香りがしていました。


今日もたくさん会いました。
久しぶりに見た正面からのアングルです。

結構ジジくさい顔しています。


野イチゴなんて久しぶりに見ました。
昔はもっと道端にたくさんあったような気がしたんですが。。。

赤、紫、、そしてこのオレンジと、色とりどりの野イチゴがあります。
それぞれに味が違うんですけど、今の子供たちはこのイチゴを知っているんでしょうか?


これまた、言葉に出すのも懐かしい、アメンボです。
曇り空の下の水面を不規則に這っていました。

アメンボがたくさんいる水面を遠目に見ると、雨が落ちているように見えます。
それこそがアメンボの名の所以なんでしょうが。。。

明日はいよいよ雨になりそうです。