<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

陽は2度沈む

2008.06.12 Thursday

梅雨入りして間もないんですけど、一瞬、梅雨が明けてしまったのかと思うほど、カラリと晴れた今日でした。


帰路。真野湾の夕景。


真野湾から見た夕陽は、二見(ふたみ)半島の山へ沈んで行きます。


車で10分。相川へ先回り。
夕陽も沈み直しです。


佐渡の北西側の海岸線に位置する相川からは、夕陽は海に沈んで行きます。


そう。夕陽は2度沈みます。


そんなに明日へ急いでどうするんだろうと思うくらい、あっという間に水平線の向こうへ沈んで行きます。


すっかり夕陽の落ちた相川湾の夕景。
一里島の灯台だけが残りました。

当たり前のように見える夕陽も、この地球が果てるまで見続けることが出来るんでしょうか?
大きな宇宙時間にしてみれば、人間の生きている時間はほんの僅かな時間に過ぎません。

その僅かの間に、こんなに素晴らしい夕陽を目の当たりに出来ることに、感謝しなければいけませんね。

YES, I THANK YOU

2008.06.11 Wednesday

Time passes on and I'm older
Sometimes I knew it passes me by
Looking for someone I could talk to
Someone to answer all the whys



My heart has cried, but I'm stronger now
I guess my life was meant to roam
People come and go. yet alone I feel
What is this lifetime going to show?



In a garden
Filled with a million flowers.
My spirit flew, swept away
By all its power
Continue on, someone said to me,
And I thank you,
Yes I thank you・・・

「YES, I THANK YOU」
作詞:Tommy Snyder



意味はよくは解らないんですけど、大好きな曲の歌詞です。
何となく、この詩のイメージのような風景を追い求めたくなります。

大野亀のカンゾウ

2008.06.10 Tuesday

大野亀のカンゾウが見ごろを迎えた・・・
というニュースを見たのは早や5日も前の話。。。

土日に全く自由の利く時間が取れなかったため、今年は半ば諦めていたんですが、
だったら、朝イチで行けばいい!
という単純なことに気付き、今朝は5時30分起床で大野亀まで行ってみました。

通勤途中に少し回り道をしたと思えば・・・。


6:40am。北鵜島(きたうしま)集落の外れより臨む大野亀。
朝霧に霞んでいました。


この方、キャンプを張っていたようです。
狙い通りの写真が撮れたでしょうか。


大野亀の北側斜面。
荒々しい岩肌がとても美しいです。


大野亀の中腹付近より、ニツ亀を臨みます。


すでに満開の時期を過ぎ、3〜4分咲き程度となっていました。。。


それでも遊歩道の中からカンゾウの群れを見ると、“乱舞”といった感じに楽しそうに咲いていました。


木陰のカンゾウに陽が射していました。
黄色がとても映えています。


大野亀を後にし、内海府(うちかいふ)の海岸線を走っていると、
岩肌に濃いオレンジのイワユリが見えました。

ここは虫崎というところです。

ちなみにこの日の通勤時間は3時間。(1時間は大野亀で散策)
通勤距離は約100kmでした。。。


10:37pm。
長い一日の終わりに、今宵の月です。

本当に長い一日でした。。。