<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

LOCAVOR STYLE - 味彩

2018.07.11 Wednesday

 

たびのホテル佐渡の1Fに「LOCAVOR STYLE - 味彩」さんがオープンします。

 

DSC06491.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F2.8,iso3200】

 

旧佐渡病院の跡地に大きなビルが建っています。

道路側から向かって左側の玄関がこちら「たびのホテル佐渡」です。

 

DSC06500.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/30,F2.8,iso400】

 

向かって右側が「LOCAVEOR STYLE - 味彩」さんです。

 

DSC06495.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F2.8,iso200】

 

DSC06505.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/30,F2.8,iso3200】

 

今日はオープニングレセプションでした。

幸いにして恐縮に、このレセプションにお招きを頂けたものですから足を運んできました。

当ブログが3,000回目の更新を迎えることのできた5月15日以来の「味彩」さんでした。

 

DSC06477.jpg

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/320,F2,iso800】

 

「フルーツアート」です。

「味彩」さんの"代名詞"と言っても良いのかも知れません。

「フルーツアート」とは「日本フルーツアートデザイナー協会」が主宰し"ペティナイフ1本の奇跡"として認定される資格です。

ちなみに「味彩」さんは、新潟県内の同資格の認定第1号であります。

 

DSC06472.jpg

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/320,F2,iso800】

 

ワインの後ろの色紙は、佐渡・鷲崎出身の"ことだま遊書作家"であり販売集客コンサル&POP広告クリエイターの 竹谷 千江子 先生の手によります。

 

DSC06520.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/200,F4,iso1600】

 

今日は先生ご自身がご来店のうえ、お客様のリクエストに応えて色紙を描いていらっしゃいました。

大人気だったようで、先生はお料理もお酒もお召しになる時間がなかったようです。

 

DSC06468.jpg

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/500,F2,iso800】

 

そして「味彩」さんらしい、スタイリッシュで洗練されたお料理の数々が並びます。

 

DSC06546.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/160,F4,iso3200】

 

「LOCAVOR STYLE」とは"地産地消"のことなんだそうです。

「味彩」さんは、佐渡市が認定している「サドメシラン」として"地産地消"のお墨付きのお店です。

さらに、佐渡のご当地グルメ「佐渡天然ブリカツ丼」の提供店でもあります。

 

DSC06551.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/160,F4,iso3200】

 

活南蛮エビです。

私も食させていただきました。

元来、甲殻類はあれもこれも含めて頭から始まって全身全て残らずいただく性分です。

今日も飛び出した部分 --- 触覚 --- からパキパキと食させていただき、残った美味しそうな部分も遠慮なく完食させていただきました。

口の中は傷だらけになりましたけどね…。

 

"美味"です。

 

DSC06560.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F2.8,iso1000】

 

それにしても迂闊でした。

こんなところにこんな大きな建物が建っていたなんて、全然知りませんでした。

まぁ、国道あたりからは見えづらい場所ということもあるんでしょうけれど…。

 

DSC06570.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F2.8,iso6400】

 

こちら「味彩」さんから"扉”を1枚経たホテルのフロントです。

 

DSC06567.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F2.8,iso6400】

 

フロントから見渡すホテル1Fの奥です。

奥に見えるドアの向こう側は障がい者を含めた方用の宿泊スペースです。

 

DSC06573.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/500,F2.8,iso6400】

 

フロント脇の待合スペース(?)です。

写真に向かって右側はホテルのエントランスです。

正面のすりガラスの向こう側が「味彩」さんです。

 

DSC06575.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/160,F2.8,iso6400】

 

これまで金井地区で飲み会があったり、お食事会があったりというのはあまり数が多くはありませんでした。

決して「無かった」という訳ではなかったんですが…。

これまでは、本線経由の最終バス --- 金井発着の最終 = 22:24 --- しか頼るものが無かったんですが、今後は羽を伸ばすこともできそうです。

 

DSC06578.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/100,F2.8,iso6400】

 

5月15日以来、2ヶ月も待ちわびました。

やはり、これまで当たり前のように「存在していたもの」がいきなり「無くなった」となるのは心情的に厳しいのかも知れませんね。

 

DSC06588.jpg

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/80,F2.8,iso400】

 

「わたしは運がイイ」

これにあやかって言わせていただきますが、運がイイ張本人は私自身ですね。

40歳台になって、車中泊というのもそろそろ体に厳しくなってきた感が否めません。

今後、金井地区での飲み会が増えるとともに、宿泊も増えることと思います。

会社の方で1ヶ月契約とかしてくれたら良いんですけどね。

 

ちなみに「味彩」さんの今後ですが、プレオープンは7月13日。

グランドオープンは7月20日なんだそうです。

ホームページを含め、今後の詳細については近日中にアップされることと思いますので、今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:オススメのお店

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

梅雨明けの日に

2018.07.10 Tuesday

 

昨日、新潟地方が梅雨明けしたそうですね。

平年より2週間も早い梅雨明けなんだそうです。

 

DSC06450.jpg

【α7SII,LA-EA4,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/1000,F2,iso100】

 

そんな日の夕暮れ時にいつもの真野湾沿いを車を走らせていました。

 

DSC03696.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F11,iso100】

 

何てこともないいつも通りの夕景だったんですが、いつもより少しだけ海に写る入道雲がキレイだったもんですからここへ立ち寄りました。

 

DSC03702.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/30,F11,iso100】

 

サワネマリーナ(Sawane Marina)の桟橋です。

 

DSC03706.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/50,F11,iso100】

 

DSC03712.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/50,F11,iso100】

 

DSC03714.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/60,F11,iso100】

 

DSC03716.jpg

【α99,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/50,F11,iso100】

 

新潟の最高気温は32度を記録した日でした。

夕方になっても暑さに陰りはありませんでした。

 

桟橋の痛みが目立ちます。

記事の中ほどの写真は桟橋の上から撮影したものですが、橋を踏み抜いて海へ落ちるんじゃないかと何度か思いました。

 

ところで、冒頭でも述べたように梅雨が明けました。

ここ1週間くらいは警報が発令されたりと、日によって、場所によって、時間によって結構な勢いの雨が降りました。

しかし、総じて「空梅雨」だったように思います。

今年の冬の降雪量が多かったとはいえ、夏場の水不足が心配です。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:夕景

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:名所

「くるくる回るレインボータワーの美しい夜景がとても印象的でした」

2018.07.09 Monday

 

8月末から解体に入る予定とされている「レインボータワー」です。

長く新潟市のランドマークとして親しまれ、営業終了後も定期メンテナンスを続けながらこの場所に立ち続けていました。

 

DSC06446.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/2500,F2.8,iso100】

 

万代シテイに立ち寄る機会を得ましたもんですから、その姿を目に焼き付けようと思いました。

まぁ、8月末までにまた来る機会はあろうかとは思いましたが…。

 

DSC06442.jpg

【α7SII,Zeiss Loxia Biogon T* 2/35,1/2500,F2.8,iso100】

 

この姿が見られなくなるのを惜しむのは私だけではないでしょう。

スマホでタワーを撮る方の姿が目立ちました。

これまで有ったものが無くなるということは、とても大きく、そして簡単なことでは無いんでしょうね。

いつか、ここにこんなタワーが立っていたことすら「知らない」という人が大勢を占めるようになる日が来るんでしょうけれど…。

 

小学生の時の修学旅行は「新潟市内」でした。

夜になるのを待って、新潟駅前の宿から列をなしてこのタワーに乗りに来ました。

タイトルの「くるくる回るレインボータワーの美しい夜景がとても印象的でした」は、卒業証書授与式の行事「別れの言葉」で私が担当した台詞です。

残念ながら、その美しい夜景は記憶には残っていません。

てっぺんに着いた時、展望室がガダガタと揺らされ、みんながザワついたことが記憶に残っています。(そのような仕様だったようです)

 

今はもう、朱鷺メッセ新潟日報メディアシップといった100mを越える高層ビルが建ち、このタワーも見下ろされる側になってしまいました。

「もう1回くらい乗っておけば良かったな…」

そんな風に思うのも、私だけではないでしょう。

これまで有ったものが無くなるということは、そういう機会を永久に失うということなんだなと、痛切に感じ入ったところです。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:ひとりごと