<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

未だ見ぬ佐渡の風景

2013.08.28 Wednesday

JUGEMテーマ:名所
JUGEMテーマ:癒しとやすらぎの自然・風景
JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:カメラ
 
昨日だったか、一昨日だったか・・・。

新潟日報だったか、産経新聞だったか、はたまた日経新聞だったか・・・。


何せ、尖閣湾をズバーンと撮った写真が大きく掲載されていたんですが、しばらく見入って(魅入って)しまいました。

普段見慣れている揚島の風景だったんですが、見たことのない見事なアングルで写しとられており、鳥肌が立つ思いでした。



・・・で。

早速その場所を探しに行こうと、夕闇の迫る中を尖閣湾方面へと車を走らせました。



険しい岩礁地帯にロープでも掛けて登ったのか、それとも姫津大橋のてっぺんから望遠レンズで撮ったのか・・・。

様々な場所を思い浮かべながら、とりあえずいつもの農道へと入りました。



・・・で。

気持ちの上では、

「夜を徹してでもその場所を探し当ててやる」

くらいの意気込みではあったんですが、農道に入って2分後くらいにここと思われる場所を見つけました。



DSC06353.JPG
【α99】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 35mm 30.0sec F5.6 ISO=200 多分割測光 WB=白波をグレー点指定 APS-Cモード --

なぜ今まで気付かなかったのか、尖閣湾の険しい岩礁地帯が目の前いっぱいに広がる場所に降り立ちました。

しかも、そのすぐ手前まで農道で普通に車で入れる始末です。。。


佐渡に居ながらにして、休日にはあちらこちら走り回っていながらにして、この場所を知らなかった自分が情けない気分でした。。。



DSC06352.JPG
【α99】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 30mm 30.0sec F11.0 ISO=200 多分割測光 WB=白波をグレー点指定 APS-Cモード --

私が魅せられたその写真と同様、灯台が灯り始めていました。


もう少し手前の岩礁地帯と「まちこ橋」と灯台が迫り来るような写真を撮りたかったんですが、望遠レンズが手元にありませんでした。



DSC06360(日陰).JPG
【α99】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 24mm 30.0sec F5.0 ISO=1,600 多分割測光 WB=日陰 --

車までレンズを取りに戻ろうにも、足元はこんな感じの場所です。

肉眼ではこんな岩場は見えない暗さです。


既に四つん這いにならないと動けないような状態でしたので、望遠レンズや超広角レンズでの撮影は次回の楽しみにしたいと思います。



DSC06357(白色蛍光灯).JPG
【α99】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 24mm 30.0sec F8.0 ISO=400 多分割測光 WB=白色蛍光灯 --

1枚の写真によって、未だ見たことの無い佐渡をひとつ知ることができました。

まぁ、そんなことを言ったら、まだまだまだまだ知らないところだらけなんですけど、こうやって一生のうちに佐渡の至るところに足跡をつけて行けたらと思います。



いつか、福井県の景勝地である「東尋坊」へ行った時に思ったことがありました。

「普通に尖閣湾の方がすごいな・・・」

と。



今日改めて再認識いたしました。

気付かせてくれた「1枚」に感謝です。

蓮華峰寺

2013.07.03 Wednesday

JUGEMテーマ:神社仏閣
JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:花のある暮らし

蓮華峰寺(れんげぶじ)の紫陽花が見ごろを迎えています。



DSC00856(曇天).JPG
【α99】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 26mm 1/50sec F11.0 ISO=200 多分割測光 WB=曇天 --



DSC00875(曇天).JPG
【α99】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 24mm 1/50sec F11.0 ISO=200 多分割測光 WB=曇天 --



DSC00859(AWB).JPG
【α99】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 250mm 1/50sec F5.6 ISO=200 多分割測光 AWB --



DSC00869(曇天).JPG
【α99】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/640sec F2.0 ISO=200 多分割測光 WB=曇天 --



DSC00884(太陽光).JPG
【α99】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 50mm 1/30sec F8.0 ISO=200 多分割測光 WB=太陽光 --



DSC00888(AWB).JPG
【α99】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 30mm 1/60sec F11.0 ISO=200 多分割測光 AWB --



DSC00902(AWB).JPG
【α99】+【50mm F2.8 MACRO】
-- 50mm 1/125sec F4.0 ISO=200 多分割測光 AWB --



DSC00905(曇天).JPG
【α99】+【50mm F2.8 MACRO】
-- 50mm 1/40sec F7.1 ISO=400 多分割測光 WB=曇天 --



DSC00906(曇天).JPG
【α99】+【50mm F2.8 MACRO】
-- 50mm 1/60sec F3.2 ISO=200 多分割測光 WB=曇天 --



DSC00911(曇天).JPG
【α99】+【50mm F2.8 MACRO】
-- 50mm 1/100sec F3.2 ISO=200 多分割測光 WB=曇天 --



DSC00918(曇天).JPG
【α99】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/320sec F2.8 ISO=200 多分割測光 WB=曇天 --



DSC00921(曇天).JPG
【α99】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/320sec F2.8 ISO=200 多分割測光 WB=曇天 --



DSC00924(AWB).JPG
【α99】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/320sec F2.8 ISO=200 多分割測光 AWB --



DSC00926(AWB).JPG
【α99】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/500sec F2.0 ISO=100 多分割測光 AWB --



DSC00931(太陽光).JPG
【α99】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/320sec F2.0 ISO=100 多分割測光 WB=曇天 --



DSC00937(曇天).JPG
【α99】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 35mm 1/80sec F8.0 ISO=200 多分割測光 WB=曇天 --



DSC00934(曇天).JPG
【α99】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 30mm 1/60sec F8.0 ISO=320 多分割測光 WB=曇天 --



DSC00947(曇天).JPG
【α99】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 55mm 1/80sec F3.2 ISO=200 多分割測光 WB=曇天 --



DSC00949(曇天).JPG
【α99】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 35mm 1/50sec F4.0 ISO=200 多分割測光 WB=曇天 --

写真は先の日曜日のものです。

日中の業務を終えてから、フラフラになりながらたどり着いた蓮華峰寺でした。


17時前だったんですが、お寺内を散策している方が何組かいらっしゃいました。


満開の少し手前・・・という感はあったんですが、これくらいがちょうど良いのかな・・・と。

きっと今頃はもう少し花も増えているんじゃないかと思います。


幸い(?)今日の佐渡は雨です。

明日も雨模様の予報です。

やっぱり紫陽花には雨が似合いそうですから、お出かけしてみてはいかがでしょうか??



私も雨の日に来てみたかったんですが、この日は嫌というほどの晴天でした。。。

しばらくは梅雨のような空が続きそうなので、紫陽花が干からびる前にも一度行けたらと思います。

清水寺 6月

2013.06.28 Friday

JUGEMテーマ:カメラ
JUGEMテーマ:神社仏閣
JUGEMテーマ:癒しとやすらぎの自然・風景
JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
清水寺の6月です。



DSC00261(AWB).JPG
【α99】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 24mm 1/80sec F4.0 ISO=200 多分割測光 AWB --



DSC00271(5600k).JPG
【α99】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 50mm 1/20sec F8.0 ISO=400 多分割測光 色温度=5,600k --



DSC00284(AWB).JPG
【α99】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 24mm 1/40sec F8.0 ISO=400 多分割測光 AWB --



DSC00289(AWB).JPG
【α99】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 24mm 1/80sec F8.0 ISO=400 多分割測光 AWB --



DSC00293(AWB).JPG
【α99】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 50mm 1/50sec F8.0 ISO=100 多分割測光 AWB --



DSC00298(AWB).JPG
【α99】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 70mm 1/30sec F8.0 ISO=400 多分割測光 AWB --

境内へと至る石畳の杉並木はキレイに掃き清められていました。



いつもながら荘厳にして重厚な、そして爽やかさの香る清水寺でした。

京町通り

2013.05.31 Friday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
あいかわに 暗き姿と 灯り火は 闇夜に浮びし 京を彩る



DSC09031.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 35mm 1/400sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=灯篭をグレー点指定 --

今年で12回目を迎える「宵乃舞」を明日に控えた京町通りです。



DSC09039.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 24mm 1/250sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=「さくら商店」をグレー点指定 --

昨日までのぐずついた空模様が一転、今日は朝から快晴です。



DSC09058(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 24mm 1/200sec F9.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

今年は島内外から23の団体が参加するようです。



DSC09050(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 24mm 1/400sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=曇天 --

お天気の心配もなさそうです。



DSC09054(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 24mm 1/400sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=曇天 --

いちばん人気の撮影スポットはここ、時鐘楼前です。

たぶん、すれ違いも困難な状況になっていると思います。


毎年、この場所には大勢のカメラマンがつめかけています。

一歩前へ出てしまいたい気持ちはわかりますが、後ろには大勢の方がいることをお忘れにならないようマナーは守っていただきたいと思います。



DSC09040(太陽光).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 24mm 1/640sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

時鐘楼前の小さな公園からは相川湾が一望できます。



DSC09043(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 30mm 1/640sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=曇天 --

すぐ側には、海を見下ろすことのできる「京町茶屋」があります。



DSC09057(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 50mm 1/60sec F3.2 ISO=100 多分割測光 WB=曇天 --

佐渡版画村美術館では「佐渡版画村まつり」も同時開催しておりますが、ホッと一息つきたい時は、こちらの茶屋で一服されるのもよいかと思います。

シフォンケーキが人気です。



DSC09045(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 40mm 1/400sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=曇天 --

明日はこの通りに500本の雪洞が並べられます。

流しが始まる前に、通りをゆっくりと散歩されるのもよいかと思います。


「宵乃舞」は1日、2日とも19時スタートです。

2日には午前6時から「京町通り朝市」も開催されています。


「宵乃舞」の詳細については、佐渡観光協会相川支部のページをご覧いただけたらと思います。

会場周辺は駐車場も少ないので、シャトルバスをご利用いただけたらと思います。



6月1日、2日は佐渡・相川へお越しください。

清水寺 4月

2013.04.29 Monday

JUGEMテーマ:神社仏閣
JUGEMテーマ:春到来!
JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:癒しとやすらぎの自然・風景
 
「月イチ清水寺」です。



DSC09950(太陽光).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/250sec F2.0 ISO=200 多分割測光 WB=太陽光 --



DSC09942(太陽光).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 35mm 1/15sec F5.6 ISO=200 多分割測光 WB=太陽光 --

山門の向こう側に白い桜が見える時期に来ることができました。



DSC09947(太陽光).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/250sec F4.0 ISO=200 多分割測光 WB=太陽光 --



DSC09960(太陽光).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 50mm 1/80sec F8.0 ISO=200 多分割測光 WB=太陽光 --



DSC09962(太陽光).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 28mm 1/50sec F8.0 ISO=200 多分割測光 WB=太陽光 --



DSC09966(太陽光).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 80mm 1/125sec F5.6 ISO=200 多分割測光 WB=太陽光 --



DSC09974(太陽光).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/320sec F2.5 ISO=200 多分割測光 WB=太陽光 --



DSC09977(太陽光).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/100sec F2.5 ISO=200 多分割測光 WB=太陽光 --

私がこの場所へ来る直前に、2人のお遍路さんとすれ違いました。

も少し早く来たら、この重厚な参道をお遍路さんが歩く姿を撮ることができたかも知れません。


しかし、ずっと花曇りだったこの日、この場所へ来た時だけは桜に陽が当たっていました。

それを考えれば幸運だったのかも知れません。


ちなみに、境内にはまだ固い蕾の桜(?)がありました。

また時期をずらして来ると、違った景色が見られそうです。



この日はこの後、16時05分発のジェットフォイルに間に合わせるべく車を急がせました。

そして、両津港佐渡汽船ターミナルに16時に到着し、改札へと急いだところで、そんな時間に出発するジェットフォイルは存在しないことに気付きました・・・。

私が見ていた時刻表は「新潟発」の便だったようです。。。



・・・で、そんなことをしているうちに16時05分発のカーフェリーにまで乗り遅れてしまいました。

佐渡汽船をご利用になる際には、時刻表の見方にはお気をつけいただきたいと思います。

(こんな書き方をしたら、佐渡汽船の時刻表が悪いみたいですが、悪いのはすべて私です)

長谷寺

2013.04.25 Thursday

JUGEMテーマ:神社仏閣
JUGEMテーマ:春到来!
JUGEMテーマ:花のある暮らし
JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:癒しとやすらぎの自然・風景
 
旧・畑野町の長谷(はせ)にある長谷寺(ちょうこくじ)です。



DSC08828.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 24mm 1/60sec F11.0 ISO=200 多分割測光 WB=空をグレー点指定 --

奈良の長谷寺(はせでら)を模したお寺だそうです。



DSC08831(太陽光).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 70mm 1/80sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

先週の土曜日。

素晴らしい花曇りの日に足を延ばしてみました。



DSC08848(太陽光).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 22mm 1/50sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

参道に咲くボタンが有名で、別名「ボタン寺」なんて呼ばれたりもしています。



DSC08864(太陽光).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 55mm 1/100sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

桜は既に散り加減でした・・・。

いつ来てみても、何となく物々しくて忙しない感じのするお寺です。。。



DSC09352(太陽光).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/640sec F2.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --



DSC09358(太陽光).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/1,250sec F2.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --



DSC09362(AWB).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/500sec F2.0 ISO=100 多分割測光 AWB --



DSC09366(AWB).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/640sec F2.0 ISO=100 多分割測光 AWB --

こちらのお寺で放し飼いにされているウサギです。


最初に駐車場で車を降りた時にも、1羽のウサギがこちらを見ていました。

「こんなところに野ウサギが??」

と、目を疑ってしまいました。。。



DSC09348(太陽光).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8 ZA】
-- 135mm 1/500sec F2.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

地元の子どもでしょうか。

冒頭の写真もそうなんですが、私がこのお寺に着いて石段を登ろうとしたところで、3人の女の子に出くわしました。


3人とも、私の姿に気付くや否や、

「こんにちはっ!!」

と気持ちのよい挨拶をしてくれました。


元気よく階段を駆け上がり、また、飛び跳ねるように階段を降りて行きました。

急に自分が年寄りになってしまった気分でした・・・。



DSC08877(太陽光).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 40mm 1/125sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

長谷寺の石段を上りきったところから見えた棚田に立ってみました。

写真の右奥に見える桜のあたりが長谷寺です。


その昔、松ヶ崎からこの道を越えてきた世阿弥も同じような風景を見ていたんでしょうか・・・。

ちょこっとだけ、そんな古の頃に思いを馳せてみました。



この日は特にこのお寺へ来ようと思っていたわけでなく、たまたま小倉の方面へ車を走らせていたところ、このお寺と桜が目に留まったので立ち寄ってみました。

桜のほとんど散っており、空模様も重たい感じでした。


しかし、先の3人の女の子のお陰で、とても爽やかな気分にさせていただきました。

この場を借りて、お礼を言いたいと思います。



ちなみに・・・。

蛇足ではありますが、こちらのお寺の駐車場の脇にはお手洗いがあります。


お借りさせていただいたんですが、とてもキレイなお手洗いでした。

色々な観光地なんかを歩いていて、たまにお手洗いをお借りしたりもするんですが、出るものも出なくなってしまうようなお手洗いが多々あります。。。

しかし、こちらのお手洗いは、いつも以上のものが出るくらい、とてもキレイなお手洗いでした。。。



こちらのお寺をお立ち寄りの際にもよおした方には、ご安心いただきたいと思います。

清水寺 3月

2013.03.31 Sunday

JUGEMテーマ:神社仏閣
JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
月イチ清水寺。

3月です。



DSC08550(AWB).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 16mm 1/50sec F8.0 ISO=100 多分割測光 AWB --

山門前には「清水寺の大銀杏」の看板があるんですが、実際に目の前にして見たのは小学校以来でした。

この日も山門前に車を停めたところこの看板が目に入り、何となくそちらへ足を踏み入れてみました。


樹齢は1,000年。

根元付近の幹周りは16.7mもあるそうです。


小学校の時のキャンプでこの場所を初めて訪ね、子供何人で幹を囲めるか、みんなで手を広げてこの幹に抱きついた記憶があります。

どのくらいの大きさだったのか全然記憶に無いんですが、この日見上げた大銀杏は度肝を抜かれるくらい大きかったです。


秋が楽しみです。



DSC08555(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 45mm 1/30sec F5.6 ISO=200 多分割測光 WB=曇天 --

そして、いつもの杉並木です。



DSC08558(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 35mm 1/30sec F5.6 ISO=200 多分割測光 WB=曇天 --

日中は快晴だったんですが、ここへ来る頃には日も傾き始めていました。

もう少し春めいた華やかさでも感じられるかと思って来たんですが、この場所だけ季節も時間も止まっているようでした。



DSC08561(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 45mm 1/60sec F5.6 ISO=200 多分割測光 WB=曇天 --

境内に立ってみると、さながらその風情は秋のそれです。



DSC08562(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 80mm 1/60sec F4.5 ISO=200 多分割測光 WB=曇天 --

ふと目を移すと石仏が一体・・・。

こんなところに石仏があったなんて、全然気がつかなかった気がします。


手前に写っているのは桜の木かと思うんですが、花が咲いた頃に、また同じアングルで撮ってみたいですね。



DSC08563(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 30mm 1/100sec F8.0 ISO=200 多分割測光 WB=曇天 --

本堂の脇には屋根から落ちてきたであろう雪の塊が残っていました。

さほど、人里から離れているような印象は受けないんですが、このお寺の春の訪れは少し遅いようです。



DSC08565(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 16mm 1/100sec F8.0 ISO=200 多分割測光 WB=曇天 --

先月ここへ来たときは雪でした。


「来月来るときには桜を・・・」

なんて頓珍漢なことを書いてしまいました。


地面にも花が咲いている訳でもなく、杉並木に新芽を見つけられた訳でもなく、とにかく「静」な清水寺でした。



DSC08571(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 55mm 1/30sec F4.5 ISO=200 多分割測光 WB=曇天 --

最後にもう1度振り返って・・・。



来月こそは、ここへ立ったとき、あの山門の向こう側に白く光る花が開いていることと思います。

草刈神社

2013.03.18 Monday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
午後から小木半島をブラブラと歩いて来たんですが、そろそろ陽も暮れようかという頃に、この神社にたどり着きました。



DSC07530(太陽光).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 22mm 1/25sec F8.0 ISO=400 多分割測光 WB=太陽光 --

羽茂本郷にある草刈神社です。



DSC07532(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 24mm 1/40sec F5.6 ISO=400 多分割測光 WB=曇天 --

せっかくここまで来たんだから、羽茂大崎の方を通って、少し遠回りしながら帰ろう・・・。

そんな風に思いながら車を走らせていたんですが、この神社の看板を見つけ、1度は通り過ぎたんですがUターンしてきました。


正直、全っ然知らない神社でした。



DSC07535(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 70mm 1/25sec F4.5 ISO=400 多分割測光 WB=曇天 --

階段を上りきり、左手に鎮座しているのは「うん」の狛犬です。



DSC07536(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 16mm 1/20sec F5.6 ISO=400 多分割測光 WB=曇天 --

すぐお隣には“佐渡一ノ宮”「渡津神社」があります。


狭い境内に立った印象は“一回り小さな渡津神社”でした。

とても立派で品格のある神社です。



DSC07542(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 16mm 1/20sec F5.6 ISO=400 多分割測光 WB=曇天 --

境内の反対側(正面に向かって右側)に足を進めると「連理の木」の案内板があります。


本来、佐渡には無い木だそうで、2本の木の幹や枝が1つになっており、男女の仲睦まじい様を表しているんだそうです。

案内板には「こちら」と矢印があったんですが、その矢印の先には無限に木が生い茂っておりました。。。


きっと、写真に写っている木が連理の木なんだと思います。



DSC07547(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 60mm 1/15sec F4.5 ISO=400 多分割測光 WB=曇天 --

帰り際。

「あ」の狛犬です。



DSC07551.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 22mm 1/20sec F8.0 ISO=400 多分割測光 WB=雲をグレー点指定 --

“一回り小さな渡津神社”なんて印象を持ったことを書きましたが、この神社には能舞台がありました。

新潟県神社庁佐渡地区協議会発行による「佐渡神々のおやしろ」によりますと、祭礼日は6月15日とのことで、薪能が舞われているそうです。


偶然足を止められ、しかもとても立派な神社を知ることができた身としては、ぜひとも、この舞台で演じられる能を鑑賞してみたいですね。



DSC07560(AWB).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM】
-- 50mm 1/60sec F2.8 ISO=400 多分割測光 AWB ピクチャー・エフェクト=ミニチュア --

すっかり陽が傾いたところで、そろそろこの場を去ろうと車に乗りかけてから目に入ったのがこの遊具です。


滑り台ですね。

しかも、ボロボロに錆びていて、スロープの方はとても滑れる状態にはありませんでした。


ここで能が舞われるとなれば、大勢の大人が家族連れで集まったんじゃないかと思います。

しかし、小さな子供にしてみれば、能を見ていても訳がわからず退屈になってしまうかも知れません。


大人が能を楽しんでいる間、子供は子供で大人の邪魔にならないように遊んでいたのかな・・・。

幼い頃は、自分の住む地区の祭りがそんな感じだったことを思い出し、勝手に想像してみました。



ところで、この神社へと進んでくる小道には標柱があり、そこには「助平神社」とありました。

この神社のことを言うんでしょうね。

確かに、羽茂といえば「つぶろさし」ですが、帰ってから調べてみると、この神社でも「つぶろさし」が舞われ、しかもご神体も安置されているとのことです。


うかつでした。

常々「“助平”が地球を救う」と思い込んでいる私としては、ぜひともご神体を拝みたかったところでした。

次回、6月に来ることができたら、その時はご神体の前にひれ伏してみようかと思います。


それにしても「助平神社」ですか・・・。

なんてロコツな。。。



素晴らしい神社ですね。。。



【お詫び】

「草刈神社」と「助平神社平成園」は別物らしいとのことです。

私の助平根性が招いた勝手な妄想だったようです。

謹んでお詫びもうしあげます。


ご指摘くださいました“みぃしゃ”さん、ありがとうございました。

(2013/03/22 追記)

矢島・経島

2013.03.17 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

小さな入り江を後にし、やってきたのはこの場所です。



DSC07429(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 50mm 1/60sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=曇天 --

“観光地・佐渡”にあって、有名な観光スポットであると認識している「矢島・経島」ですが、私にとって馴染みは無く、どれが「矢島」でどれが「経島」かもわかりません・・・。



DSC07427(AWB).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 40mm 1/50sec F8.0 ISO=100 多分割測光 AWB ピクチャー・エフェクト=絵画調HDR --

夏季観光シーズンにはタライ船なんかが浮かび、観光客も大勢訪れるんでしょうけれど、この時期には人っ子一人いませんでした。

隣接している矢島体験交流館にも「冬季閉鎖中」の貼り紙があるだけで、海っ端に並ぶ船小屋と静かな波の音があるだけでした。



DSC07424(曇天).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 60mm 1/40sec F8.0 ISO=200 多分割測光 WB=曇天 --

良質な竹の産地であり、源頼政がヌエ退治に用いた矢がこの地の竹製であったとか・・・。


そんなことも、ここへ来て案内板に書かれているのを見るまで知りませんでした。

・・・もっとも、源頼政とか、ヌエとか、存じ上げませんが・・・。



DSC07421.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 55mm 1/500sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=雲をグレー点指定 --

矢島・経島の象徴といえば、この赤い橋ではないでしょうか?

ちょうど橋の下の海の向こう側には柏崎の米山が見えていました。



DSC07416(AWB).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 30mm 1/60sec F4.0 ISO=100 多分割測光 AWB --

入り江をぐるっと一周してきました。


この岩の裏手にあった案内板によると、

「経島は日蓮上人の赦免状を持って佐渡に渡ろうとした弟子の日朗が漂着し、読経して一夜を明かした所で、
頂上には日朗の石像が安置されている」

とありました。


とすれば、この岩が経島で、ここに見えているのが日朗でしょうか??


冒頭の船小屋のあたりから、波打ち際というか何と言うか、変な場所を変な風に岩の上を渡りながら歩いていたため、
知らないうちに立ち入り禁止区域に入り込んでいたようです。

もともと入り江を一回りできる遊歩道があるらしいんですが、一部区間は落石等の危険のために立ち入りが禁止されています。


佐渡の海岸線に無理矢理作ったような遊歩道にありがちなことです。

大体が作りっぱなしですからね・・・。



DSC07413(AWB).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 80mm 1/60sec F8.0 ISO=100 多分割測光 AWB --

赤い橋の向こう側に見えているのは「別荘」だそうです。

案内図にも「別荘」とだけありました。


どなたの別荘かは存じませんが、ずいぶんと傷んでいるため、今にも崩れそうになっています。

軒下には粗大ごみやらタイヤやらが置かれており、とても残念な感じです。


ちなみに1枚上の写真の石像は、赤い橋の向こう側に見える岩の中ほどにあります。

(上の写真にも小さく写っています)



DSC07428.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 60mm 1/500sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=空をグレー点指定 --

再び元の場所へ帰ってきました。

奥に見えているのは「めがね橋」という橋だそうです。


前述の遊歩道はこの場所から赤い橋、別荘、そしてめがね橋を経て、船小屋の裏側を通っています。

めがね橋を渡りきったところから、船小屋の裏側あたりまでが立ち入り禁止となっています。



そういえば、この場所も『おふくろ先生の診療日記5〜子の幸せは親の幸せ!』のロケ地となっていました。

圭太=安達 大輝 くんが1人タライ船に乗って流されていたところです。


ちなみに私の先輩は別の場所で釣をしていたところ、ロケが始まってしまい帰るに帰れなくなってしまったそうです。

泉 ピン子 さんの声はよく聞こえたそうです。。。

姫崎灯台へ

2013.02.23 Saturday

JUGEMテーマ:
JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:癒しとやすらぎの自然・風景
 
青空がとても気持ちよかったので、開放感に浸りたいと思いやって来たのは姫崎(ひめざき)灯台です。



DSC06212(太陽光).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 40mm 1/500sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

日中に来るのはずいぶんと久しぶりな気がしました。



DSC06215(太陽光).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 16mm 1/40sec F16.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

姫崎灯台は佐渡の灯台第1号とのことで、灯が点されたのは明治の頃に遡るそうです。

さらに、鉄造りの灯台としては日本最古のものというらしく、歴史的にも文化的にも価値の高いものとのことです。


これらの記述は、灯台の足元の標識に詳しく書かれています。。。



DSC06220(太陽光).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 16mm 1/400sec F16.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

姫崎より望む両津湾です。


左側に突き出た半島は仏崎のあたりです。

この時間(16時頃)ですと、完全に逆光になってしまいます。



DSC06252(曇天).JPG
【α77】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 135mm 1/160sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=曇天 --

やがて両津港発16:05のカーフェリー「こがね丸」の姿が見えてきました。

同じ両津湾内でも、北半分は雪模様だったようです。



DSC06257.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 24mm 1/80sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=雲をグレー点指定 --

灯台の麓より。


遠くにいた時は、なかなか近づいてこないと思っていたカーフェリーですが、通過していくとなるとあっという間です。

狙っていた構図を見事に外してしまいました・・・。



DSC06264.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA】
-- 16mm 1/250sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=雲をグレー点指定 --

姫崎の先端付近より。


西日を受けながら、フェリーは両津湾外へと進んでいきます。

時化の時であれば、徐々に船が揺れ始める頃です。


新潟から佐渡へ向かうフェリーに乗ると、この姫崎の沖あたりでアナウンスが入ります。

「本船はただいま姫崎灯台を通過いたしました。あと、およそ30分で両津港佐渡汽船ターミナルに到着いたします」



DSC06269(太陽光).JPG
【α77】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 330mm 1/320sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

・・・と、目を移すと、16:25分発のジェットフォイルがやって来ました。



DSC06277.JPG
【α77】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 210mm 1/640sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雲をグレー点指定 --

あっという間にジェットフォイルがカーフェリーに追いつきました。


ほぼ2倍のスピードですから当たり前ですが・・・。

そして運賃も2倍以上です・・・。



DSC06281(AWB).JPG
【α77】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 280mm 1/640sec F5.6 ISO=100 多分割測光 AWB スマートテレコン×2 --

そして抜き去りました。

絵的には、フェリーの内側をジェットが通過してくれたら嬉しかったんですが・・・。


確か以前にフェリーに乗っていた時は、内側から追い抜かれていったような気がするんですが、追い抜きはどちらでも良いんでしょうかね??



DSC06286.JPG
【α77】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 70mm 1/320sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=雲をグレー点指定 --

大勢の人を乗せて(たぶん??)2隻の佐渡汽船号が佐渡を離れていきます。

右側で見送っているのは竜王岩です。



青空の割に気温が低く、すごすごと帰ろうと思った矢先にフェリーが現れ、さらにジェットまでやって来ました。

何か得した気分ではあったんですが、ここまで遠くへ来るのですから、あらかじめ船の時間は調べて来た方が間違いはないですね。


って、確か以前にもそんなことを書いた気がするんですが・・・。

いつも行き当たりばったりではダメですね。。。