<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

清水寺 3月

2012.03.14 Wednesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
「月イチ清水寺(せいすいじ)」は3月です。

もう今年は清水寺の雪景色を見ることは叶わないかも知れないと思っていたんですが、神様が素晴らしい舞台を用意してくれました。



DSC01529(曇天).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/250sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=曇天 --



DSC08861.JPG
【α77】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 85mm 1/60sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=薄暗い部分の雪をグレー点指定 --



DSC01531.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 75mm 1/40sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=明るい部分の雪をグレー点指定 --



DSC08872.JPG
【α77】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 130mm 1/60sec F5.6 ISO=400 多分割測光 WB=薄暗い部分の雪をグレー点指定 --



DSC01534.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 55mm 1/80sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=明るい部分の雪をグレー点指定 --



DSC01540.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 30mm 1/30sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=空の白い部分をグレー点指定 --



DSC01546.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/40sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=明るい部分の雪をグレー点指定 --



DSC01565.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/100sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=薄暗い部分の雪をグレー点指定 --



DSC08875.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 30mm 1/50sec F5.6 ISO=400 多分割測光 WB=薄暗い部分の雪をグレー点指定 --



DSC08880.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 30mm 1/60sec F5.6 ISO=400 多分割測光 WB=薄暗い部分の雪をグレー点指定 --



DSC08889.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/320sec F22.0 ISO=100 多分割測光 AWB --

恐らく、雪景色の清水寺はこれで当分の間見納めになると思います。


昨夜確認した天気予報によれば、今日の佐渡は「曇りのち雨」でした。

しかし、日付が変わる頃には若干の積雪があったので、「朝にはそこそこ積もっているかも・・・」という思惑はありました。

それが見事に的中しました。


朝方は、今年に入ってから1番天気が良かったんじゃないかと思いました。
(今現在は雷雨です・・・)

真っ白い新雪に、真っ青な雪のコントラストがとても気持ちよかったです。



そんな素晴らしい舞台での清水寺でした。

来月この杉の参道に来るのは、新緑を迎える頃でしょうか。。。

この世の果てへ

2012.02.24 Friday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

これまで2度ほど「この世の果て」と呼ばれる場所へ行ったことがあります。


最初は恐山にある三途の川。

そして、もう1つが「賽の河原霊場」です。



DSC05333.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/500sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=空の明るい部分をグレー点指定 --

「願」へ行った日、さらに足を延ばし、この世の果てに向かいました。


ちなみに写真は、特に“入口のしめ縄”的なものでも何でもなく、時化で流れ着いた縄が岩に絡まったものです。



DSC05334.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 30mm 1/400sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=大野亀の雪をグレー点指定 --

賽の河原霊場は、願集落から海っ端の足元の悪い道を約300mほと歩いたところにあります。


二ツ亀方面からも道は繋がっていますが、願からの方が近いようです。

ちなみに私は二ツ亀と賽の河原の間を歩いたことはありません



DSC05407.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/250sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=手前の雪をグレー点指定 --

かつて扇岩が聳えていた場所を過ぎ、しばらく行くとこの岩場が現れます。

天然の岩のトンネルとなっているんですが、落石防止のためにネットが張り巡らされています。


私にとってはこのトンネルが賽の河原霊場の“入口”です。

何度来ても「うわっ!」と思ってしまう場所です。



DSC05408.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/400sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雲の明るい部分をグレー点指定 --

トンネルをかわすとものすごく無防備に海っ端に出ます。

ちょっと波の荒い日に通るのは怖い気がする場所です。

しかし不思議と波が上がってくることは無いようです。


さすがにこんな雪の日にここへ来る人はいないらしく、私の先にある足跡は獣のものばかりのようです。



DSC05412.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/800sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=空の明るい部分をグレー点指定 --

ニツ亀が目の前に迫ってきました。



DSC05420.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/100sec F6.3 ISO=100 多分割測光 WB=手前の雪をグレー点指定 --

同じ場所から目線を前方右側に移すと、そこに賽の河原霊場はあります。

佐渡の“三途の河原”です。



DSC05423.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/1,000sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雲の明るい部分をグレー点指定 --

幼くしてこの世を去った子どもたちの魂が、「1つ積んでは父のため、2つ積んでは母のため・・・」と、先立つ不幸を詫びるため石を積むんだそうです。

写真手前の雪の中に無数の石積みの跡が浮かんでいます。


こんな寒々しい景色を見ながら石を積むなんて・・・。

でも、“積んだ石の上に立つことができれば母親の顔を見ることができる”

そんな教えがあるなら、誰だって信じたいと思いますよね。



DSC05432.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 18mm 1/500sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=空の明るい部分をグレー点指定 --

そんな積み石を鬼が崩しに来るのだそうです。



DSC05436.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 60mm 1/250sec F5.6 ISO=400 多分割測光 WB=菩薩観音の光沢部分をグレー点指定 --

そして、そんな鬼から子どもたちの魂を救うのがこの菩薩観音です。


波が石をさらったり、悪戯で石を崩したりしても、翌朝には元通りに戻っていると言います。



DSC05441.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 55mm 1/200sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=空をグレー点指定 --

新潟日報佐渡特別取材班編の「佐渡紀行」によると、

「あの地蔵さんを持ってくると、夜になると家の中ががちゃがちゃするっちゃ」

とは、地元で民宿を経営する方の声だそうです。



DSC05445.JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/400sec F2.0 ISO=100 多分割測光 WB=空をグレー点指定 --

「昔は洞窟で野宿したお遍路さんが、子供の声で眠れなかったそうだ」とも・・・。



DSC05448.JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/400sec F2.0 ISO=100 多分割測光 WB=空をグレー点指定 --

私自身、この場所の存在を知ったのは小学生の中学年くらいの頃でした。

しかし、実際に足を運んでみたのは高校を卒業し、佐渡を出、紆余曲折を経て佐渡へ戻った26歳の頃が初めてかと思います。



DSC05455.JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/320sec F2.0 ISO=100 多分割測光 WB=菩薩観音の光沢部分をグレー点指定 --

そして気がつくと、それからまた随分と時間が経っていたようです。

ここへ来るのは確か今回が3度目だった気がします。



DSC05458.JPG
【α77】+【SIGMA 8-16mm 4.5-5.6 HSM】
-- 8mm 1/160sec F5.6 ISO=400 多分割測光 WB=空をグレー点指定 --

撮影に夢中になっていると、不意に風車がカラカラと回りだすんです。

風に風車が回るのは不思議なことは無いんですが、カラカラという音がし出すと、最初は何が起こったのか一瞬分からなくなります。

で、結構焦ってしまいます。。。



DSC05466.JPG
【α77】+【SIGMA 8-16mm 4.5-5.6 HSM】
-- 8mm 1/125sec F5.6 ISO=400 多分割測光 AWB --

すると咄嗟に「子供たちの魂の悪戯なんだろうか」なんてこと思ってしまいます。

そんなことがあるハズもないのに



DSC05473.JPG
【α77】+【SIGMA 8-16mm 4.5-5.6 HSM】
-- 8mm 1/640sec F7.1 ISO=200 多分割測光 WB=雲の明るい部分をグレー点指定 --

表へ出ると青空が覗いていました。

礼を失さないようにと思いながら、この場所へカメラを持って来たりすること自体が礼を失しているのでは??

そんなことを考えながらいました。



DSC05521.JPG
77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 70mm 1/1,000sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=大野亀の雪の明るい部分をグレー点指定 --

賽の河原霊場を後にし、再び自分の足跡しかない海っ端の道を歩きます。



DSC05527.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 35mm 1/800sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=空の薄暗い部分をグレー点指定 --

願集落を間近にして振り返ります。

暗い空の下にニツ亀です。

ようやく生きた心地がしてきました。

ふたたび「願」の集落にたどり着き、ホッと一息です。



私がこの場所へ最初に来た頃、この場所は既に“演出”された場所になっていました。

近づくにつれて、岩場にコンクリで固定させられた小さなお地蔵さんが並んでいたり、色とりどりの風車が添えられていたりとか。。。

古いこの場所の写真なんかを見ると、ずいぶんとゴチャゴチャとものが増えているのがわかります。


先の地元で民宿を経営する方の言葉をふたたび借りると、

「そういうのは、わしら何もありがたいとは思わん」

ということなんでしょう。

まぁ、そんな演出された姿を撮っている私がここにいる訳なんですが。。。



ふと、石積みの邪魔をしているのは鬼なんじゃなくて人間なんじゃないかと思ってしまいました。

それとも、人間そのものが鬼なんでしょうか?


春のうららかな日にでも、またふらりと歩いてみたいですね。

石積みの邪魔をすることなく・・・。

「願」まで

2012.02.23 Thursday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
1月9日以来の「願(ねがい)」へ行ってきました。

未明から大雪となった2月のある日の朝でした。



DSC05247(太陽光).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 40mm 1/400sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

矢柄(やがら)のいつものビューポイントから。


外海府の海岸線にこんなに雪があるなんて思いもしませんでした。

「こんなに雪が・・・」何度も呟きながら運転していました。

この矢柄のあたりがいちばん雪深かったようです。



DSC05249.JPG
【α77】+【SIGMA 8-16mm 4.5-5.6 HSM】
-- 11mm 1/400sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雲の明るい部分をグレー点指定 --

跳坂(はねざか)より。

視界が悪かろうが、また帰りに通るとわかっていようが、この場所を素通りはできません。。。



DSC05260.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/500sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=空の明るい部分をグレー点指定 --

北鵜島(きたうしま)を過ぎたあたりです

視界が開け、大野亀が目の前に迫ります。


“佐渡の風景”というよりも“地球の風景”といった感じがします。



DSC05272.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 40mm 1/1,000sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=空をグレー点指定 --

そして「願」です。

二ツ亀を見下ろします。


つい最近、亡き父の古い古いアルバムを見ていたところ、ほぼ同じ位置から撮ったと思われるモノクロの写真を見つけました。

私が「願」に惹かれる理由の大きなところはDNAによるところなのかも知れません。



DSC05292(太陽光).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/1,000sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

雲の流れは早く、青空が覗きました。


既に除雪車が入った後かとは思うんですが、除雪していない場所は30cmほども積雪がありました。

目と鼻の先には荒波が打ち寄せ、潮騒が飛んでくるのに、これだけの積雪があるとは驚きました。



DSC05523.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/1,250sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雲の明るい部分をグレー点指定 --

願集落を遠巻きしてみます。


右奥に聳えるのが大野亀。

集落の左上に見える異様に大きな建造物は願大橋です。



DSC05369.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 連続撮影優先AE 30mm 1/500sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=空をグレー点指定 --

絶え間なく打ち寄せる白波です。


この程度の波は日常茶飯なんでしょう。

特別に風が強いということもありませんでした。


ただ、空気が冷たかったです。



DSC05515.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 45mm 1/1,250sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雪をグレー点指定 --

地図に名前だけが残る「扇岩」の付近です。

1,965年12月に新潟地震でできた亀裂がもととなり、時化で倒壊しました。

先の父のアルバムには扇岩の姿が残っていました。


佐渡でパノラマ写真を撮ってらっしゃるK's 2"69"さんで在りし日の扇岩の再現された姿を見ることができます。



DSC05530.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- スイングパノラマ 16mm 1/200sec F11.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

右手に二ツ亀。

左手に大野亀。


ここは「願」です。



DSC05547.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 22mm 1/640sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雪をグレー点指定 --

そして「願」を後にします。

振り返ってもう1枚です。


次に来るときにはどんな景色が見られるでしょうか・・・。



DSC05554.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/400sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雪をグレー点指定 --

「願」からの帰路です。


大ザレ渓谷を覗き込んでみました。

ここからは見るすべがありませんが、この谷の下には大ザレ滝が流れ落ちています。



DSC05567(AWB).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/250sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雪をグレー点指定 --

大ザレ渓谷の上流側です。


海府大橋のど真ん中から撮ったんですが、海からの風がすさまじく、カメラを構えることも困難でした。

さらに、風で橋が揺れるもんですから、おっかないことこの上なしでした。。。



DSC05568.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/640sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雪をグレー点指定 --

そして再び跳坂の上まで戻ってきました。

沖合いからは、またしても雪が迫って来ていました。


波がとても美しいです。



DSC05581.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/1,600sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雪をグレー点指定 --

そして視界は再び雪に覆われました。



DSC05591.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 26mm 1/800sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雪をグレー点指定 --

上空に僅かな雲の切れ間があったので、ひょっとしたらこの風景を照らしてくれるかと期待したんですが、照らすまでには至りませんでした。

しかし、一瞬ですが雪が止みました。



DSC05600.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 24mm 1/500sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雪をグレー点指定 --

後尾(うしろ)の影の神です。

滅多無い大雪のおかげで、今年は外海府の奇岩怪岩の珍しい雪景色がたくさん見られます。



青空を欲しながら、それでもこんな雪景色をもっと見たいと思い、無いものねだりは募るばかりです。

贅沢は言わないので、青空と、真っ白な雪景色と、休日が重なってくれたら。。。

「一生のお願い」なんて言うと大袈裟なので、「今月のお願い」程度で、、、神様にお願いしてみようと思います。。。

実相寺というお寺

2012.02.21 Tuesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
旧・佐和田町の上矢馳(かみやばせ)のあたりの国道から入ったところにこのお寺はあります。

佐渡には日蓮聖人ゆかりの地が多数存在していますが、この実相寺もそのひとつのようです。



DSC06186.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 60mm 1/200sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=仁王門の屋根の雪をグレー点指定 --

ある雪の朝、近くの国道を走っていたところ出勤時間までもう少し余裕があったもんですから、わき道へそれて来てみました。



DSC06200.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/100sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=空をグレー点指定 --

正確に言うと、ここへ来るのは初めてではありません。



DSC06215.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 24mm 1/100sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=空をグレー点指定 --

しかし、写真を撮ろうと思って来るのは初めてかも知れません。



DSC06219.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 40mm 1/160sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=空をグレー点指定 --

仁王門をくぐり、杉の並木を進むと突き当たりに急な階段が見えます。

その階段の上に大きな杉の木が立っていました。


国道沿いの看板に「三光の杉」の文字が見えたと思ったんですが、これがその杉でしょうか?



DSC06226.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/320sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雲の明るい部分をグレー点指定 --

根元の看板には「千年杉」と書いてありました。


そして、

「文永10年7月日蓮聖人この大杉と袈裟掛け松の間に停ち梵天、帝釈、日月、四天に帰倉(かまくらへかえる)を念誦されるや白頭のカラス飛来す」

と続いているのですが、私にはイマイチ理解ができない内容です。。。


「三光の杉」はいずこへ??



DSC06231.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 80mm 1/250sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=門の向こう側の雪の明るい部分をグレー点指定 --

いつものように、たちまちのうちに時間が過ぎてしまい、結局何もわからずじまいのうちに来た道を急ぎ足で戻ります。

結局、あの大杉が「三光の杉」なのかどうかも、何もわからずじまいでした。



杉の並木はとても良い雰囲気です。

次回は、ゾナー神を持参した方が良さそうです。

雪の朝は清水寺

2012.02.13 Monday

JUGEMテーマ:冬物語
JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
新雪が降った朝は、清水寺(せいすいじ)へと通いつめています。


まぁ、通いつめる・・・というと大袈裟になってしまいます。

“月イチ”清水寺です。



DSC04901.JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/200sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雪をグレー点指定 --

早起きに成功し、時間に余裕があると思って寄り道です。

沢根のいつもの桟橋付近で、鷺に会いました。



DSC04946.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 60mm 1/250sec F9.0 ISO=100 多分割測光 WB=雪をグレー点指定 --

清水寺近くの見事な竹林です。

雪の多い朝でした。



DSC04951.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 55mm 1/400sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雪をグレー点指定 --

立派な柿の木です。

前に来たときは、いくつか実が残っていたと思うんですが、すべて落ちていました。



DSC04903.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 35mm 1/80sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雪の薄暗い部分をグレー点指定 --

そして、清水寺の美しい杉並木の参道です。

つい先ほどまで、バサバサと雪が降っていたのに、今度は薄い陽射しが射しこんできました。



DSC04917.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 24mm 1/100sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雪の薄暗い部分をグレー点指定 --

どこを切り取っても絵になります。

なぜ今まで全然気付かなかったんでしょう。。。



DSC04923(AWB).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 50mm 1/80sec F6.3 ISO=100 多分割測光 AWB --

山門です。


参道には雪と一緒に杉葉が積もっていました。

現在は、誰もおらず廃寺状態なんでしょうか?

参道もそうですが、本道なんかも全然手入れがされていない感じがします。。。



DSC04927.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 28mm 1/250sec F6.3 ISO=100 多分割測光 WB=雪の薄暗い部分をグレー点指定 --

そして観音堂の正面に立ちます。



DSC04933.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 50mm 1/320sec F6.3 ISO=100 多分割測光 WB=雪の薄暗い部分をグレー点指定 --

やはり雪の朝が似合います。

樹氷が似合います。



DSC04937.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 24mm 1/100sec F6.3 ISO=100 多分割測光 WB=雪の薄暗い部分をグレー点指定 --

さて、観音堂の横の石段から、何年かぶりに舞台へ上ります。

小学校の時に一度遠足で来たことはあったんですが、それ以来・・・なんてことは有りますまい。



DSC04940.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 28mm 1/100sec F6.3 ISO=100 多分割測光 Wb=雪の薄暗い部分をグレー点指定 --

ふと時計を見てビックリです。

時間に余裕があると思い、寄り道したり、ここまでの撮影に時間をかけすぎたようです。

これから大急ぎで走っても遅刻ギリギリのような時間になってしまっていました。

舞台に上っているどころではありません。

ゆっくり上って来た参道をダッシュで駆け下りました。



楽しい時間は本当にあっという間に過ぎてしまいます。

この日は舞台に上がったり、ロボ侍さんがご紹介されていた「眠り猫」を見ようなんて思っていたんですが、台無しです。。。



月イチ清水寺・・・また来月の新雪の朝に出直しです。

牛尾神社

2012.02.05 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
加茂湖のほとり牛尾神社という立派な神社があります。



DSC03900.JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/125sec F2.0 ISO=100 多分割測光 WB=背景をグレー点指定 --

いつごろ、どうしてこの神社のことを知ったのか記憶が定かではないのですが、堂々とした佇まいといい、風格といい、
私の中では、勝手に佐渡でNo.1の神社といえばこの神社です。(中身の詳しいことは一切知りませんが・・・)



DSC03903.JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/20sec F2.8 ISO=100 多分割測光 WB=鳥居の上の雪をグレー点指定 --

そんな牛尾神社に来るのも3年とちょっと振りのようです。

知らないうちに、ずいぶんと時間ばかりが経っていたようです。


雪の降る朝、ふと思い立って来てみました。



DSC03946(日陰).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/80sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=日陰 --

お百度参りの石畳の境内です。

そこには大杉が3本聳えています。



DSC03943(日陰).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 50mm 1/40sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=日陰 --

向かっていちばん右側の大杉です。



DSC03939(日陰).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/20sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=日陰 --

安産杉と呼ばれる大杉です。

佐渡市指定の文化財で、樹齢は約1千年。

幹回りは9.1mもあるそうです。

(すべて看板に書いてあるままです・・・)



DSC03922.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/125sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雲の薄暗い部分をグレー点指定 --

社殿の脇には能舞台が控えています。

佐渡で3箇所ある、本格的能舞台の1つとのことです。



DSC03927(日陰).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 30mm 1/30sec F4.0 ISO=400 多分割測光 WB=日陰 --

いちばん最初にこの神社に来たときに、この能舞台の存在に驚いたことを覚えています。

佐渡のことを少しずつ知ろうと思い始めた頃で、かつて能が盛んであったことを知識として知った頃に、この舞台を見ました。

史実の名残を目の当たりにしたようで、衝撃的であった記憶があります。



DSC03928.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/40sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=空をグレー点指定 --

社殿です。

非常に立派で大きいですね。


写真で見えている後ろにもぐるっと繋がっており、奥行きも相当あるようです。

明治32年に消失し、34年に再建されたものが現在のものだそうです。



DSC03911(日陰).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/160sec F2.0 ISO=100 多分割測光 WB=日陰 --

この社殿の彫刻は特筆ものでしょう。



DSC03913(日陰).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/100sec F2.0 ISO=100 多分割測光 WB=日陰 --



DSC03914(日陰).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/50sec F2.0 ISO=100 多分割測光 WB=日陰 --



DSC03915(日陰).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/160sec F2.0 ISO=100 多分割測光 WB=日陰 --



DSC03916(日陰).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 135mm 1/60sec F2.0 ISO=100 多分割測光 WB=日陰 --

どこかで読んだか見たかしたんですが、島内外の7人(くらいの)匠たちが5年がかりで彫った彫刻だそうです。

物凄い立体感なんですが、1本の木を彫ったものなんでしょうか?

それとも、複数のものを彫って合わせたんでしょうか?

いずれにしても、物凄い技術です。



DSC03930(日陰).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 70mm 1/30sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=日陰 --

例祭日は6月13日。

薪能は例祭の前の週の土日に行われるそうです。



DSC03917.JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/250sec F2.0 ISO=100 多分割測光 WB=背景の雪の白をグレー点指定 --

まだ島内で薪能を見たことは、相川の春日神社でしかありません。

今年はぜひこの神社での薪能も見てみたいとともに、これまで冬の姿ばかり見てきた気がするので、四季を通じて通いつめてみたいと思います。



次回は、雪が消えた頃に。

裏手の参道から上ってきてみたいと思います。

湖畔に浮かぶ神社

2012.01.24 Tuesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
ふたたび加茂湖畔へやってきました。



DSC03074.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 80mm 1/250sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=羽の白い部分をグレー点指定 --

スイスイと優雅に・・・。


遠目に見つけた時は「でっけぇアヒルだ・・・」と思ったんですが、よくみたら白鳥らしいです。

全然逃げる気配もありません。

むしろ近寄ってきます。

びっくりです。



DSC03082.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 80mm 1/250sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=羽の白い部分をグレー点指定 --

水面にフレンチキス。

癖なのか何なのか、このしぐさを繰り返しながら横切って行きました。


つがいで住み着いているようで、もう1羽が後ろから追いかけるようにして泳いできました。



DSC03094.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/250sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=空の白い部分をグレー点指定 --

先日とはうって変わって穏やかな加茂湖です。



DSC03103.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 20mm 1/160sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=小屋の屋根の雪をグレー点指定 --

この湖。

本当に牡蠣湖ですね。


牡蠣の貝殻でできているようです。



DSC03110.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 45mm 1/100sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=小屋の屋根の雪をグレー点指定 --

さて、なぜにまたこの湖へ来たかと言いますと、先日来た際に地図でこの湖をじっくりと見渡して見たんです。


すると妙に気になるものが。。。

この地図から察するに大洗磯前神社のようなものを想像してしまったんです。。。


そして確認に来ました。



DSC03116.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 28mm 1/60sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雪をグレー点指定 --

え…と、、、

普通の神社でした。

樹崎(きざき)神社といいます。


一応、鳥居の前に橋があって、浮島に渡る感じにはなっています。

応永年間に由緒を持つ神社だそうです。



DSC03132.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 60mm 1/125sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=空の薄暗い部分をグレー点指定 --

浮島の先端から対岸を望みます。

左手に聳えるのは金剛山(962m)、そして、右奥に聳えるのは山毛欅ヶ平山(ぶながひらやま)(947m)です。


ひょっとしたら、夜景がキレイに見えたりするかも知れませんね。

毎年、両津七夕・川開きの花火大会は山から見下ろしているんですが、案外この場所からも良く見えるのかも知れません。



DSC03122.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/800sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=空の薄暗い部分をグレー点指定 --

樹崎神社からの夕景です。

とても静かに時間が流れているところでした。



ところで、例年2月に開催されている「加茂湖カキまつり」が中止となってしまいました。

何でも原因不明の大量死によるものだそうで、これで3年連続での中止となってしまいました。

既に沢根港さわたカキまつりの中止も決定しており、冬場の佐渡を代表する味覚のイベントが2つも無くなってしまいました。



残念ではありますが、大量死や不作の原因究明に当たり、何とか来年以降は持ち直してほしいところです。。。

雪の頃

2012.01.19 Thursday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
このところ冬型のお天気が緩んでいます。

佐渡の週間天気予報では、来週の初めまでは多少なりとも穏やかな雰囲気が続きそうな感じです。



DSC02349.JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/15sec F5.0 ISO=100 多分割測光 WB=雪の明るい部分をグレー点指定 --

数日前。

雪の多い頃に通いつめていました。


清水寺(せいすいじ)です。



DSC02367.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 45mm 1/50sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=屋根の雪をグレー点指定 --

雪がいちばん多い頃です。


いつも杉並木の撮影に夢中になり過ぎて時間切れになってしまいます。

この日はようやく境内までたどり着きました。



DSC02370.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 45mm 1/50sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=屋根の雪をグレー点指定 --

朝の樹氷に囲まれた“清水の舞台”です。


この場合、やはり「せいすいのぶたい」と読むのが正しいんでしょうか。。。



DSC02371.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 18mm 1/15sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雪の影の部分をグレー点指定 --

久しぶりに舞台の上へ登ってみようかと思ったところ、境内からの撮影に時間を費やしすぎたことに気付きました。

出勤時間まであと15分と迫ったことに気付き、慌ててUターンです。



また近日中に来ることでしょう。

初詣

2012.01.11 Wednesday

 
今年初めての“お参り”に行ってきました。

Wikipediaによると、1月中にお参りしたものであれば「初詣」と言って差し支えなさそうな記述があったので、タイトルを「初詣」とさせていただきました。


まぁ、何でも良いんですけど。。。



DSC02168(昼光色蛍光灯).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 35mm 1/200sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=昼光色蛍光灯 --

国道350号線を南下中、思いがけずに夕陽のお出迎えに遭遇しました。

南部の方で夕陽の恵みにあやかるのは、個人的には滅多ないことです。



DSC02171.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/60sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雲間の薄白い空をグレー点指定 --

「日本で一番夕陽が美しく見える学校」からの夕景です。

西三川(にしみかわ)小学校です。

現在は廃校となっています。


初詣に行く道中で、日本一美しい夕陽が見られるなんて、幸せなことです。



DSC02183(NR off).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/6sec F4.5 ISO=2,500 多分割測光 WB=橋の上の雪をグレー点指定 --

初詣としてはたぶん初めて来ました。

佐渡国の一宮である度津神社(わだつじんじゃ)です。



DSC02184(6000k)(NR off).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 35mm 1/8sec F4.5 ISO=2,500 多分割測光 色温度=6,000k --

到着と同時に社務所が閉じてしまい、おみくじを引くことはできませんでした。

“人生概ねプラスマイナスゼロ”と常々考えていますので、気にすることはありません。



DSC02187(NR off).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 30mm 1/80sec F4.5 ISO=2,500 多分割測光 WB=神門灯をグレー点指定 --

ところで、この紋章って菊花紋章なんでしょうか?

十六菊というんでしょうか?

皇室なんかと何か関係があるんでしょうか?


その辺りの常識的なことを一切知りません。

どなたかこっそりと耳打ちでも構いませんのでご教示いただけたら幸いです。



DSC02191(NR off).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 70mm 1/60sec F4.5 ISO=2,500 多分割測光 AWB --

神門をくぐった境内にはなかなか立派な杉が並んでいます。

いつか行った戸隠神社の中社の「三本杉」を彷彿とさせてくれました。



DSC02194(昼光色蛍光灯)(NR off).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 50mm 1/13sec F4.5 ISO=2,500 多分割測光 WB=昼光色蛍光灯 --

手前から二ノ鳥居と一ノ鳥居です。

お参りに来るときといえば、いつも祈ることは「世界平和」ということなんですが、昨年のような天変地異を目の当たりにし、
世界規模での平和の実現はとても難しいことなんだなぁ、なんて思ったりもしてしまいました。

よって、今年はせめて「自分の幸せ」ということをお願いしてみました。


そういえば、この神社の入口に美味しいイタリアンレストランがあります。(まだ食べてないですが・・・)

東日本大震災の被災者の方が昨年からこちらでお店をオープンさせて頑張ってらっしゃいます。

前に一度食べに行こうとお店に足を踏み入れたんですが、大入り満員で断念したことがあります。

今年はぜひ食べにきてみたいですね。



DSC02203(AWB)(NR off).JPG
【α77】+【70-400mm F4-5.6G SSM】
-- 140mm 1/6sec F5.6 ISO=1,250 多分割測光 AWB --

帰路、羽茂の山奥で私たちを照らしてくれたお月様です。

月明かりに照らされた、とても明るい夜でした。



DSC02210(4300k)(NR off).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 18mm 30.0sec F8.0 ISO=400 多分割測光 色温度=4,300k --

赤泊線から見た夜景です。

手前は月明かりに照らされた田んぼ、真野湾を挟んで対岸は旧・佐和田町の付近。

背後は大佐渡山地、そして、右側は旧・真野町の市街地の灯りです。


私はこの場所からの夜景が何気に佐渡で1番と思っています。



日本で一番美しい夕陽に迎えられ、月明かりに照らされ、佐渡で一番美しい夜景を見下ろし、素敵な初詣でした。

お願いした「自分の幸せ」は、この時点で既に叶えられてしまったようです。。。

国分寺

2012.01.09 Monday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

さて、大膳神社妙宣寺とくれば、国分寺です。


 
DSC01914.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 80mm 1/25sec F5.6 ISO=1,250 多分割測光 AWB --

個人的な感想ではありますが、妙宣寺の仁王さんより、国分寺の仁王さんの方がコワいです。

こちらは向かって右側の仁王さんです。



DSC01915.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 80mm 1/25sec F5.6 ISO=1,250 多分割測光 AWB --

こちらは、向かって左側の仁王さんです。



DSC02037.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 28mm 1/100sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=手前の雪をグレー点指定 --

天平13年(741)に聖武天皇の詔によって諸国に建立された国分寺のうちの一か寺とのことで、現在のものは延宝7年(1,674)に再建立されたものだそうです。

1,300年以上の歴史を持つとされる佐渡最古のお寺です。



DSC02040.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 35mm 1/100sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=手前の雪をグレー点指定 --

清楚、清潔、純白。

これが私のこのお寺への勝手なイメージです。



DSC02046.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 40mm 1/60sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=手前の雪をグレー点指定 --

雪が降ったらすぐに来てみたいと思っていました。

雪の白と、格子障子の白と、白壁の白と、この風景を見ることを待ち望んでいました。

とても美しい、大好きな風景です。



DSC02055.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 70mm 1/40sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=奥の白壁をグレー点指定 --

こちらも、この冬の間、また何度と無く来る場所になるかと思います。



この国分寺周辺には、この他にも世尊寺(せそんじ)太運寺(たいうんじ)といった、趣のある寺院が並んでいます。

お時間のある方は足を運んでみてはと思います。

この国分寺の「白」に触れると、心が洗われたような気持ちになるんじゃないかと思います。