<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

妙宣寺の五重塔

2012.01.08 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
妙宣寺(みょうせんじ)の五重塔」といえば、佐渡島民のほとんどが知っている場所なんじゃないかと思います。

私の場合、叔父が学生時代に描いた五重塔のスケッチが家に飾ってあったので、幼少の頃から存在は知っていました。



DSC02010.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 35mm 1/25sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=薄暗い雲をグレー点指定 --

しかし、被写体としての五重塔はこれがほとんど初めてであるということに、この記事を書く段になって気付きました。

存在が逆に身近すぎたことと、あまりにも「観光地のそれ」っぽいと自分で勝手に思うところもあり、素通りを繰り返してきたのかも知れません。


という訳で、じっくりと五重塔に向き合ってみました。

仁王門の石段手前から見た五重塔です。

新潟県内唯一の五重塔です。



DSC02012.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/30sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=薄暗い雲をグレー点指定 --

仁王門と五重塔です。

以前と比べて、妙宣寺周辺の木々が伐採されてスカスカになっている気がしました。



DSC02013.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 24mm 1/25sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=薄暗い雲をグレー点指定 --

青空の下で、雪に輝く五重塔を撮りたいと思っていたんですが、昨夜は思ったより雪が降らなかったようです。



DSC02020.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 18mm 1/20sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=薄暗い雲をグレー点指定 --

この塔をこの位置から見上げるには、午前中が順光のはずです。

背後の経塚山(きょうづかさん)(636m)のあたりから陽が上るので、朝7時を目掛けてやって来ました。


結果、張り切りすぎて6時前には到着してしまい、7時頃には体が冷え切ってしまっていました。。。



DSC02024.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 40mm 1/50sec F5.6 ISO=100 多分割測光 AWB --

会心の青空とは行きませんでした。。。



DSC02028.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 40mm 1/160sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=薄暗い雲をグレー点指定 --

でも、この時期だと、陽が沈むのもずいぶんと南寄りな気がするので、夕方近くに来てもなかなか良い写真が撮れるかも知れませんね。



DSC01968.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 26mm 30.0sec F4.0 ISO=800 多分割測光 WB=空をグレー点指定 --

不慣れな絵画みたいな写りになっていますが、こちらは前日の夜に撮影したものです。

冬の夜の星空の下で五重塔を…、と狙いを定めてやってきたんですが、とうとう雲の切れ間は訪れませんでした。



この冬のうちに、星空の日を狙って、また何度か来てみたいと思います。

大膳神社

2012.01.07 Saturday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
正月明けの3日間の苦しい勤務を経て、やっと3連休にたどり着きました。

平日はなかなかパッと目を覚ますことができないんですが、休日になるとこれができるから不思議なもんです。



DSC02073.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 80mm 1/400sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=薄暗い雲をグレー点指定 --

朝焼けに燃える大佐渡山地の山々です。



DSC02084.JPG
【α77】+【70-400mm F4-5.6G SSM】
-- 135mm 1/500sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=薄暗い雲をグレー点指定 --

主峰・金北山(きんぽくさん)(1,173m)です。

麓の町より一足先に、山頂付近がこの日の目覚めを迎えていました。


今年に入って、(きっと何度か目にしているんでしょうけど)初めて大佐渡の山々を見た気がしました。



DSC02114.JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/160sec F2.2 ISO=100 多分割測光 WB=雪をグレー点指定 --

そんな大佐渡山地を見上げたところから、ちょっとした小道へ移動します。



DSC02092.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 45mm 1/40sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雪をグレー点指定 --

小道の先には、、、



DSC02094.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 24mm 1/80sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=雪をグレー点指定 --

能舞台がひとつ。

ここは旧・真野町にある大膳神社(だいぜんじんじゃ)というところです。



DSC02097.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/20sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=白い空をグレー点指定 --

佐渡には日本の能舞台の約1/3があるといわれ、江戸時代の頃には200以上もあったと聞いたことがあります。

現在では、この大膳神社の能舞台を含めて約30の能舞台が現存しているとのことです。

佐渡では、この大膳神社の能舞台が最古のものであり、佐渡における能の発祥の地とのことです。



DSC02096.JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 80mm 1/320sec F5.6 ISO=100 多分割測光 WB=薄暗い雲をグレー点指定 --

茅葺屋根から小さなつららです。


毎年、島内で行われる能のいくつかを観に行ったり、お手伝いしに行ったりするんですが、イマイチ(全く?)理解していません。

昔はこれが娯楽だったんだなぁ〜、といつも同じようなことを思いながら観ています。


が、神社に行った時、普通に能舞台が並んで建っている姿を見るのは、佐渡ならではの光景なんじゃないでしょうか?

私はこの光景はとても好きですね。

今も、初めて訪ねる神社に行くと、最初に能舞台があるのかどうかが気になります。



「能舞台めぐり」をしたいなんてことはずいぶんと前から考えてはいるんですが、今年は行けそうな気がします。

・・・1日では、ちょっと無理かなぁ。。。

山居の池

2011.12.11 Sunday

JUGEMテーマ:迫り来る冬
 
いよいよ平野部にも雪が降りつつあります。

2〜3日前の夜に霙が降ったため、急遽タイヤを履き替えました。


なかなか早い時間に帰れることが無いため、いっそのこと業者にお願いしようかとも思ったんですが、ようやく重い腰を上げました。

何でもキッカケが必要です。。。



DSC01258(AWB).JPG
【α100】+【SIGMA 8-16mm 4.5-5.6 HSM】
-- 11mm 1/40sec F5.6 ISO=100 AWB 多分割測光 --

せっかくタイヤを履き替えたのだから、それを活かさないと…と思いやって来たのは「山居の池」です。



DSC01265(AWB).JPG
【α100】+【SIGMA 8-16mm 4.5-5.6 HSM】
-- 8mm 1/30sec F8.0 ISO=100 AWB 多分割測光 --

雪景色の中でのこの場所は初めてです。

林道を覆う雪が水分を含んでしまったら来るすべが無くなるので、「雪が降ったらすぐ行こう」と前々から機会を伺っていました。



DSC03586(AWB).JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/25sec F8.0 ISO=200 AWB 多分割測光 --

こんな時期にここへ来る人なんていないだろうと思っていたんですが、既に林道にはタイヤの跡が。

さらに、池周辺にも足跡やら色々な産物が残っていました。


来る人は来るんですね。。。



DSC03599(AWB).JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 18mm 1/200sec F8.0 ISO=400 AWB 多分割測光 --

ピンと張り詰めた冷たい空気と、シンとした静寂のなか、風が音も立てずに水面を揺らしていました。



DSC03604(曇天).JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 30mm 1/50sec F8.0 ISO=400 WB=曇天 多分割測光 --

風が去って、水面は再び鏡と化します。



DSC03606(太陽光).JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 75mm 1/50sec F8.0 ISO=400 WB=太陽光 多分割測光 --

最初は池を一周するつもりだったんですが、時間もあまり無かったため、ここに留まったのは30分程度です。



DSC03614(曇天).JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/400sec F2.8 ISO=400 WB=曇天 多分割測光 --

紫式部にも雪の面影です。



DSC01280(太陽光).JPG
【α100】+【SIGMA 8-16mm 4.5-5.6 HSM】
-- 8mm 1/80sec F8.0 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

見上げると青空が覗いていました。

残念ながら、雲の流れからして池の上に青空が現れることは無さそうでした。



DSC01284(曇天).JPG
【α100】+【70-400mm F4-5.6G SSM】
-- 90mm 1/125sec F8.0 ISO=100 WB=曇天 多分割測光 --

帰路。

跳坂(はねざか)の上に立ちます。



DSC03627(曇天).JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 35mm 1/250sec F8.0 ISO=200 WB=曇天 多分割測光 --

季節を問わず、そして天候を問わず、いつも絵になる景色です。



DSC03628(曇天).JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/250sec F8.0 ISO=200 WB=曇天 多分割測光 --

もう少しすると麓まで雪に覆われた姿がお目見えしそうな感じです。



青空の下、黒々とした海に白い波が立ち、周りは雪化粧姿。。。

この冬はそんな絵をこの場所から撮ってみたいですね。

石工の里へ

2011.12.08 Thursday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
「島の新聞社」さんが毎月28日に発行している「島の新聞」の第59号を見てこの場所へ来たくなりました。



DSC01111(AWB).JPG
【α100】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/640sec F2.0 ISO=100 AWB 多分割測光 --

旧・真野町と旧・羽茂町の境目にある椿尾(つばきお)というところです。

“石工の里”への入り口は、国道350号線の高崎集落の終端です。

ここに上の石像と「六地蔵」の看板が立っています。



DSC01113(AWB).JPG
【α100】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/200sec F2.0 ISO=100 AWB 多分割測光 --

道中にあった「願かけの水」とお地蔵さんです。

看板には「自己の責任によってお飲みください」とありましたので、今回はご遠慮させていただきました。



DSC01116(AWB).JPG
【α100】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/125sec F2.0 ISO=100 WB=曇天 多分割測光 --

やがて道端に小さな公園が現れ、その奥には「六地蔵」と「七観音」を祭った小屋がありました。

桜の木と、ゲートボールコートの脇に建っていたこの小屋を見て、春の桜の咲く季節のこの場所の情景が思い浮かびました。

桜が咲く頃に改めて来ようと思います。


かすかに「桜餅」の香りが漂っていました。



DSC03357(曇天).JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/100sec F8.0 ISO=200 WB=曇天 多分割測光 --

気比神社というところです。



DSC03359(曇天).JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/60sec F8.0 ISO=200 WB=曇天 多分割測光 --

とても雰囲気の良い、気品のある神社に見えました。


神社の脇には能舞台があります。

昨年、この地で23年ぶりに能が演じられたそうです。



DSC03376(太陽光).JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/15sec F5.6 ISO=400 WB=太陽光 多分割測光 --

そして、この日の最大の目的地である「石丁場」へとやって来ました。



DSC03373(曇天).JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/30sec F8.0 ISO=400 WB=曇天 多分割測光 --

その名のとおり、大量の石を切り出した採石場が姿を現しました。



DSC03367(太陽光).JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/25sec F5.6 ISO=400 WB=太陽光 多分割測光 --

新聞を見て、佐渡にもこんな場所があるのかと思いやって来ました。



DSC03370(AWB).JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/25sec F5.6 ISO=400 AWB 多分割測光 --

想像していたよりも小ぢんまりとした感じでしたが、地中に向かって掘られたこの穴の姿にはゾクゾクしました。



DSC03371(太陽光).JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/30sec F5.6 ISO=400 WB=太陽光 多分割測光 --

見上げると、モロそうな岩盤が覆いかぶさるかのように聳えています。


ここで切り出された石は、墓石や石塔、石像になったそうで、江戸時代には椿尾の全戸が石工をやっていたそうです。

ここへ来る道中にあった六地蔵や気比神社の石灯篭なんかも、ここの石で作られたとのことです。


さて、石丁場の入り口には「石丁場入口 徒歩150m」という看板が立っています。

なるほど、150mも進んだであろうあたりに分岐点があり、そこには「石丁場1」の看板が立っていました。

そこを進むとこの石丁場へ辿り着きます。


ということは「分岐点をさらに進めばさらなる石丁場2があるんじゃないか…」ということになります。

で、迷わず分岐点を直進したところ、、、



DSC03381(AWB).JPG
【α550】+【SIGMA 8-16mm 4.5-5.6 HSM】
-- 9mm 1/20sec F8.0 ISO=400 AWB 多分割測光 --

やはり「石丁場2」が存在しました。



DSC03384(太陽光).JPG
【α550】+【SIGMA 8-16mm 4.5-5.6 HSM】
-- 9mm 1/30sec F8.0 ISO=400 WB=太陽光 多分割測光 --

ここには2つの石丁場が連なっていました。

さらに、正面に見える岸壁の向こう側にはもう1つの石丁場がありそうな雰囲気だったんですが、雨が激しくなってきたため退散です。



DSC01131(太陽光).JPG
【α100】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/25sec F2.0 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

帰り道。

道端に椿の花が一厘咲いていました。


なにぶん、いつもの感じで突発的に来たものですから、色々な見どころを見落としていたようです。

六地蔵の小屋の向こう側の斜面の野仏群や、薬師堂の「しょうづかばあ」など、帰って新聞を読み返してから思い出しました。。。


大体いつも、物事の背景や中身を見ないで表面ばかりを見ているがために起こりうることなんですが。。。



また雪が降った頃と、桜が咲いた頃に来てみたいですね。

その時には「石丁場3」を見つけられたりするのかも知れません。

秋の散歩道

2011.11.28 Monday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
先週の泊まり明けの1日。

帰路に着く前に少し遠回りです。


“紅葉”のある景色を探してみました。



DSC00921(曇天).JPG
【α100】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/50sec F4.0 ISO=100 WB=曇天 多分割測光 --

国分寺へ来てみました。



DSC03248(曇天).JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 45mm 1/40sec F8.0 ISO=200 WB=曇天 多分割測光 --

一面雪で覆われた頃に来るのが楽しみな場所です。



DSC03249(太陽光).JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 50mm 1/40sec F8.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

国分寺の建立は天平13年(741年)に聖武天皇の詔勅によって発せられたが、落成はその23年後頃と言われています。


佐渡では最古の寺とのことです。



DSC00928(太陽光).JPG
【α100】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/250sec F2.0 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

このお寺の裏手には旧国分寺の跡地がありますが、そこには幻の「七重の塔」の礎石が残っています。



DSC00926(曇天).JPG
【α100】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/400sec F2.0 ISO=100 WB=曇天 多分割測光 --

残念ながら紅葉のある景色を見つけることができませんでした。

この場所には、また雪が降った頃に来てみたいと思います。



DSC00934(太陽光).JPG
【α100】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/200sec F2.0 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

そこから車でほんの少し移動したところには妙宣寺の五重塔があります。


「五重塔をバックに赤々とした楓を…」

なんてことを目論んでいたんですが、そんな思惑は着いて早々に吹っ飛んでしまいました。

一昨日からの暴風雨で、残っていた楓は黄色がわずかでした。。。



DSC00937(太陽光).JPG
【α100】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/400sec F2.0 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

世尊寺へと続く小道です。

竹垣に目が惹かれます。



DSC03261(日陰).JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/200sec F2.0 ISO=200 WB=日陰 多分割測光 --

「世尊寺の長屋門をバックに色とりどりの紅葉を・・・」

なんてことを目論んでいたんですが、そんな思惑は着いて早々に吹っ飛んでしまいました。



DSC03265(曇天).JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/200sec F2.8 ISO=200 WB=曇天 多分割測光 --

暴風雨で葉っぱが落ちてしまったことに加え、長屋門はお疲れのようで茅葺屋根に青いシートがかかってしまっていました。。。


それでも、この小道では「紅葉」と「黄葉」が目を楽しませてくれました。



DSC03270(日陰).JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/50sec F5.6 ISO=200 WB=日陰 多分割測光 --

慶宮寺の八祖堂です。

リンク先のような写真が撮りたくて、毎年通っているんですが、だいだい色づく頃にこんな風で散ってしまいます。



DSC00972(日陰).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 30mm 2.0sec F25.0 ISO=100 WB=日陰 多分割測光 ND8 --

せめて空が青かったらと思うと残念です。



DSC00964(日陰).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 35mm 2.0sec F25.0 ISO=100 WB=日陰 多分割測光 ND8 --

この日はたまたま通りがかった「風」が効果的な演出をしてくれました。(…と思います)

ここはせめて青空の朝を待って、葉っぱが散ってしまう前にもう一度来なければなりますまい。(・・・と思います)



気がつけば、ほんのちょっとと思った遠回りも2時間以上が経過していました。

なんだかんだバタバタしており、時間が無いこの頃ですが、1番欲しいものは「青空」だったりします。

みたび天然杉の森へ

2011.08.23 Tuesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
またまた石名の天然杉の森へと行って来ました。



DSC09748.JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 30mm 1/160sec F8.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

帰省中の姉と甥っ子、そして年老いた母親がこの場所をリクエストしたので、案内してみました。



DSC09751.JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/60sec F8.0 ISO=200 WB=曇天 多分割測光 --

ちょうどお盆に差し掛かる頃だったんですが、比較的涼しい1日でした。



DSC09767.JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 22mm 1/60sec F5.6 ISO=400 WB=曇天 多分割測光 --

何だかんだで、今シーズン早や3度目となるこの遊歩道です。



DSC09769.JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/320sec F5.6 ISO=400 WB=曇天 多分割測光 --

ぼちぼちどの辺りにどんな杉があるかが分かってきました。

そして、だいたいいつも目に留まるのも同じ杉です。


写真は「象牙杉」です。



DSC09772.JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/60sec F8.0 ISO=400 WB=曇天 多分割測光 --

「象牙杉」を過ぎ「四天王杉」へと続く歩道の入り口付近に聳える杉です。

セミの声がすごかったんですが、不思議と鳴いている姿が見えません。。。



DSC09774.JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 40mm 1/250sec F5.6 ISO=400 WB=曇天 多分割測光 --

こちらも「四天王杉」への入り口付近の杉です。

小さい頃、よく木登りをして遊んだ姉とは「登れそうだね」てな会話になってしまいます。



DSC09782.JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/250sec F8.0 ISO=400 WB=太陽光 多分割測光 --

そして「四天王杉」です。

相変わらず見事です。

どうやったら一番うまくフレームに収まるのかがまだ分かりません。。。



DSC09787.JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/125sec F8.0 ISO=200 WB=曇天 多分割測光 --

まだ4つの甥っ子に「どうだ!すごいだろっ!?」と振ってみても、少し難しいようです。


甥っ子は、年老いた母の杖(2本)が気になったらしく、それを譲り受けると「ガシィーン!ガシィーン!!」とロボットごっこを始めてしまいました。

少しは記憶に残ってくれると良いのですが。。。



DSC09799.JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/30sec F8.0 ISO=400 WB=曇天 多分割測光 --

私個人としては、この杉がいちばん好きです。

「羽衣杉」というものです。


約1名、「看板の設置位置が悪い」だの「関の大杉の方がすごい」だの、文句ばかり言っている方もおりましたが。。。

面倒くさいですね。。。



DSC08465.JPG
【α100】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/400sec F2.0 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

この日は、この付近に咲いている「夏の花」も撮り歩こうと思っていました。


ウツギというんでしょうか?

似て非なる花でしょうか?



DSC08472.JPG
【α100】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/3200sec F2.0 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

ドライフラワーと化したアジサイです。

一般的なアジサイより、個人的にはこのガクアジサイと呼ばれるものが好きなんですが、散り際が潔く無いのが欠点でしょうか。。。



DSC08477.JPG
【α100】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/250sec F2.0 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

往路に年老いた母が「面白い花が咲いてるよ」と見つけた花です。

やっぱり名前が分かりません。


帰路、再び年老いた母がこの花を見て「面白い花が咲いているよ」と言っていました。

大丈夫なんでしょうか?



DSC08481.JPG
【α100】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/80sec F2.0 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

やんちゃそうな赤い実です。


甥っ子が「華兄ぃ、これ食べられるの?」と聞くもんですから、私としては是非とも召し上がっていただきたく、

「食べられるよ」

と答えてみたんですが、

「危ないからヤメとこ…」

と言われてしまいました。


ハナから信用は無いようですね。。。

なかなか危険察知能力は高いようです。



DSC08503.JPG
【α100】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/125sec F5.6 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

キレイな羽をした蝶々です。

アサギマダラというようです。



DSC08505.JPG
【α100】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/125sec F5.6 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

人を恐れない性格のようですが、なるほど72cmの近距離まで近づいてみましたが、まったく逃げる様子はありませんでした。


好感が持てます。



DSC08507.JPG
【α100】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/400sec F2.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

花を撮ることをすっかり忘れ、こちらの蝶々を追うことに一生懸命になってしまいました。



DSC08510.JPG
【α100】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/800sec F2.8 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

隣に目を移すと、トンボが鎮座していました。

が、鎮座と思いきや、こちらはやはり近寄りすぎると逃げてしまいます。


たまにボケーっと突っ立っていると頭やら肩やらにとまることもありますが、欲を出すと逃げてしまうようです。

「無」になって近寄れるように精進する必要がありますね。。。



DSC08524.JPG
【α100】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/160sec F5.6 ISO=100 WB=曇天 多分割測光 --

何だかんだ1時間以上は遊歩道の中にいたようです。

2本の杖を得意気に振り回して駆け回っていた甥っ子も、終盤には少々お疲れ気味だったようです。


遊歩道を抜け、砂利の林道を駐車場まで下る道中。

再び元気を取り戻した甥っ子が、ひとりハイテンションで坂道を駆けて行きました。


「絶対コケるぞ」

などと私たちは心配(期待?)していたんですが、案の定、カーブを曲がり、姿が見えなくなった辺りで、
ザザーッ!!と滑る音が聞こえ、次いで「うぎゃーーーーっ!」とサイレンのような泣き声が。。。


さっきまで得意満面の笑顔で山を駆け回っていた少年は、砂利道に突っ伏したまま泣き叫んでいました。


が、駐車場へ到着する頃には、そんなことも忘れたかのようにケラケラと笑っていました。



痛みはすっかりと忘れたようです。

でも、痛みと一緒に記憶まで忘れてないだろなぁ。。。

来年はお弁当でも持って、もう少し高いところまで歩かせてみたいですね。

年老いた母親の足腰がしっかりしているうちに。。。

KITAZAWA

2011.08.16 Tuesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
光の元をたどって坂道を登ると、、、



DSC00586.JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 30.0sec F11.0 ISO=200 WB=白色蛍光灯 多分割測光 --

巨大な遺跡群が現れます。



DSC00583.JPG
【α550】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 105mm 10.0sec F11.0 ISO=200 WB=白色蛍光灯 多分割測光 --



DSC00589.JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 50mm 10.0sec F11.0 ISO=200 WB=白色蛍光灯 多分割測光 --

この場所こそ、世界遺産登録申請の対象史跡のひとつ。



DSC00595.JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 30.0sec F8.0 ISO=200 WB=白色蛍光灯 多分割測光 --



DSC00594.JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 35mm 15.0sec F5.6 ISO=200 WB=白色蛍光灯 多分割測光 --

その名も高き「北沢浮遊選鉱場・精錬所跡」です。



相川市街地は、佐渡金山を頂点として、この「北沢」と、もうひとつの「南沢」が海を底辺とした三角形のような形となっています。


この2つの沢が金山のあたりで合流することから「合川」=「相川」になったとか。
(いくつかの説があるようです。うろ覚えなので自信はありませんが…)

この北沢は、文字通り三角形の北側に位置しているから「北沢」です。


ちなみに、頂点・金山から底辺に降ろした垂線が「京町通り」ということになります。



だから何だ?と言われると返す言葉もありませんが、とりあえず、怪しいながらも「相川」の由来と、それを形成する“ミニ知識”的なお話でした。。。

石名・天然杉の森へ

2011.08.02 Tuesday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
で、養老の滝の続きなんですが、お昼を挟んで石名の天然杉の森へと向かいました。


午前中は雨がちな空模様だったんですが、お昼を食べて外へ出ると青空が戻って来ていました。

大佐渡の山々へ目を移すと山頂付近は厚い雲に覆われていたんですが、そこはM実ちゃん。


「霧があった方が良さげ」

とのことで、一路、天然杉の森を目指しました。



DSC08297.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- プログラムAE 22mm 1/40sec F4.5 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 -0.7EV --

何というか、見事でした。

霧の具合といい、森全体がしっとりとした感じです。



DSC08306.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- プログラムAE 16mm 1/50sec F5.0 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 +1.0EV --

林道の最高点からダラダラとした登り道を10分ほど歩くと遊歩道の入り口です。

その登り道を歩いただけでも汗をかいてしまいました。


もっとも、お日様が出ていたら汗だくになっているところでしょうが。。。

蝉の声が耳をつんざきそうでした。。。



DSC08327.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- プログラムAE 16mm 1/40sec F4.5 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 -0.7EV --

前回来た時は、入れ替わり立ち代り多くのお客さんが歩いていましたが、この日出会ったお客さんは2組だけでした。



DSC08330.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- プログラムAE 16mm 1/20sec F3.5 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 -1.0EV --



DSC08358.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- プログラムAE 16mm 1/30sec F3.5 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 -0.7EV --



DSC08511.JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/160sec F2.8 ISO=400 WB=太陽光 多分割測光 --

この日、特に目を奪われたのは鮮やかな「緑」です。



DSC08512.JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/40sec F2.8 ISO=400 WB=太陽光 多分割測光 --

これまでも苔を美しいと思ったことはありましたが、この日は特に美しかったですね。

「滝よりも苔が好き」という師匠の気持ちが少しわかった気がします。



DSC08507.JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/50sec F4.0 ISO=400 WB=太陽光 多分割測光 --



DSC08518.JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/60sec F2.8 ISO=400 AWB 多分割測光 --

遊歩道の出口付近の杉に残されていました。

ほんのさっきまでこの中にいたんじゃないかと思うくらい、生命の温もりを残した抜け殻です。


ところで、この遊歩道で「マンボウみたい!」な杉を見つけたというM実ちゃんですが、どの杉のことだったんでしょう?

私には見つけられませんでした。。。



さて、道中で2組のお客さんとすれ違ったことに起因し、

「地上で知らない人とすれ違っても挨拶なんてしないのに、何故山中で出会うときは『こんにちは』なのか?」

という論争を巻き起こしながらの天然杉散策だったんですが、もう一箇所だけ見て欲しい風景があったので、車を走らせました。



DSC08372.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/250sec F11.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

跳ね坂から見下ろす風景です。



DSC08375.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 22mm 1/800sec F11.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

残念ならが青い空と青い海は見えませんでたが、遠く輝く水平線と、ゆったりと落ち着きのある輝きを見せていた海はキレイでした。


是非、ここも違う季節にも見て欲しいですね。



この後、対岸にある関岬の牧場を覗き、2頭の牛に軽くあしらわれたあとは、相川へと戻り、
夫婦岩で少し早めに夕陽を待っていたというお姉ちゃんにも再会です。

あれから随分と時間が経っていたので、せめて「大きくなったね」くらいは言ってもらえると思っていたんですが、
顔の前にマルを作って「このへんは昔と全然変わってないね」と一蹴されてしまいました。。。


お姉さまにおかれましては、私は勝手に「きっと横幅が2割増しくらいになってるんだろうな」と思っていたんですが、
それこそ、全然変わっていませんでした。
(大変、失礼いたしました)


もっと色々な場所を散策したり、案内したりもしたかったんですが、時間が足りないのは仕方がありません。


でも、一番嬉しかったのは、昔住んでいたお家のあたりを通ったところ

「この辺りの景色は覚えてる!」

と言ってもらえたことですね。


この翌日は相川を散策したとのことですが、相川に新しい記憶がたくさんできたら嬉しく思います。



まぁ、あまり長くなるのも何ですのでこの辺で。

また会える日を楽しみにしています。

蓮華峰寺

2011.07.04 Monday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:花のある暮らし
 
この季節といえばここ、蓮華峰寺(れんげぶじ)へ行ってみました。



DSC07832.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 70mm 1/50sec F11.0 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

とても暑い1日となった7月2日です。

多くの方が境内を散策していました。



DSC09000.JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/4000sec F2.2 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

八角堂のすぐ前に咲いている紫陽花です。

毎回ここを通るときに足を止められる花です。



DSC09004.JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/2500sec F1.8 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

とても暑い時間帯だったんですが、この色で多少涼んだ気持ちになれました。



DSC09007.JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/400sec F5.6 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --



DSC09008.JPG
【α550】+【50mm F2.8 Macro】
-- 50mm 1/1250sec F2.8 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --



DSC09020.JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/4000sec F1.8 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --



DSC09024.JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/3200sec F2.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --



DSC07841.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 35mm 1/100sec F5.6 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

本堂の正面には池があるんですが、蓮の花もポツポツと咲いていました。

まだ数はそう多くなかったので、またの機会にと思います。



DSC07843.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 26mm 1/160sec F5.6 ISO=100 WB=曇天 多分割測光 --

その池の周りにはずいぶんと色とりどりの紫陽花が咲いています。

その中でも、一番人気のあったのがこの花です。


確かにびっくりするほど綺麗な青です。

多くの方がカメラを向け、また、この花と並んで記念撮影をしていました。



DSC07846.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 75mm 1/320sec F5.6 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

「水模様」

そんなイメージが頭の中に沸き立つような花でした。



DSC07848.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 50mm 1/125sec F11.0 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

親子連れ、夫婦、カップルと、

老若男女を問わず、入れ替わり立ち代りの人です。


駐車場はほぼ満車状態が続いていました。



DSC09035.JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/1600sec F2.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --



DSC07851.JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 60mm 1/640sec F4.5 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --



DSC09041.JPG
【α550】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/2000sec F2.2 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

ほぼ満開でした。

8分咲きかな? と思わせるくらいでしたが、一番見頃なのではないでしょうか?



空模様が怪しいですが、きっと今週一週間くらいは楽しめるのではないでしょうか?

乙和池へ

2010.11.07 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
大佐渡スカイラインの大平高原付近から少し奥まったところにある乙和池(おとわいけ)へ行って来ました。



DSC03068.JPG
【α100】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 300mm 1/400s F8.0 ISO=100 WB=太陽光 スポット測光 --

標高200mくらいから、この乙和池の付近までの紅葉は非常に色鮮やかになっています。



DSC04142.JPG
【α550】+【SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 HSM】
-- 8mm 1/60s F11.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --

前日に雨が降っていたので、乙和池は満水でした。

先週は嵐のようなお天気が続いたので、紅葉もずいぶん散ってしまったようです。



DSC04148.JPG
【α550】+【SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 HSM】
-- 8mm 1/100s F8.0 ISO=200 WB=太陽光 多分割測光 --



DSC03095.JPG
【α100】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 300mm 1/50s F8.0 ISO=100 WB=太陽光 スポット測光 --



DSC03103.JPG
【α100】+【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 300mm 1/100s F8.0 ISO=100 WB=太陽光 スポット測光 --

今年もまた“紅葉”よりも“黄葉”が目に付きます。

若干枯れかかっているような感じですね。。。



DSC04152.JPG
【α550】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 60mm 3.2s F22.0 ISO=200 AWB スポット測光 C-PL --

風が吹くと湖面に浮んだ落ち葉がゆっくりと流れていきます。

鏡のような湖面にはもうひとつの世界が映っていました。



この後、そのままスカイラインを金井方面まで走ってみたんですが、
紅葉が楽しめるのは相川寄りはこの乙和池付近まで、金井側は白雲台のあたりまでではないでしょうか?

それ以外の区間は、すでに枯れてしまっているような印象です。
また、金井側の方が“紅葉”は多いようです。



今月あたりに、ドンデン山から金北山までの縦走を計画しているんですが、どうやら縦走路あたりの紅葉はすでに終わっていそうな雰囲気です。。。