<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

四半世紀ぶり北海道の旅 VII (雨の室蘭市)

2020.09.11 Friday

 

北海道上陸4日目です。

5日間の道内移動も後半戦に入りました。

 

7S203326.jpg

[α7Sii,GIZMON Utulens,1/20,iso1600]

 

室蘭中央通商店街です。

映画「探偵はBarにいる2」のロケ地ともなった商店街です。

そんな映画の面影を感じる通りを歩きます。

 

7S203329.jpg

[α7Sii,GIZMON Utulens,1/20,iso1600]

 

7M307604.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/160,F2,iso200]

 

最近よく見る、誰でも演奏可能な"ストリート"です。

「自由に弾いてください。お持ち帰りはできません」

「天候の悪い日は鍵盤がしっかり戻りません。晴れた日に弾いてね」

だそうです。

 

鍵盤はすでに半分くらいが戻らない状態になっていました。

誰ですか、雨なのに弾いたのは。

 

7S203330.jpg

[α7Sii,GIZMON Utulens,1/15,iso1600]

 

 

7M307608.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/500,F2,iso200]

 

7M307610.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/640,F2,iso200]

 

7S203332.jpg

[α7Sii,GIZMON Utulens,1/60,iso1600]

 

それにしても人通りがありませんでした。

雨の日の、しかもまだ朝早い時間帯でしたからね。

 

7M307616.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/250,F2,iso200]

 

年代を感じる素敵な喫茶店です。

 

 

7S203337.jpg

[α7Sii,GIZMON Utulens,1/60,iso1600]

 

お店は開いていませんでしたが、素敵なショウウィンドウです。

お隣の印鑑店がまた素敵な雰囲気を醸し出していました。

「ちょっと撮らせてください」なんて言える勇気と、警戒心を持たれないような朗らかさを持ち合わせていません。

 

7M307629.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/320,F2,iso200]

 

アーケードの通りから路地を下ったところに見えた看板です。

「SNACK 美代子」さんです。

次に来た時には、ちょこっと立ち寄ってみましょうか。

 

7S203348.jpg

[α7Sii,GIZMON Utulens,1/40,iso1600]

 

室蘭プリンスホテルです。

外観からは歴史を感じさせてくれます。

次回は是非、こちらに宿泊してみたいと思います。

 

7S203351.jpg

[α7Sii,GIZMON Utulens,1/40,iso1600]

 

「すずや喫茶店」さんです。

コーヒーでも飲みながらこの日までの写真の整理でもしようかなと、

傘立てに傘を立てることまでしたんですが何となく立ち寄ることができませんでした。

 

7S203352.jpg

[α7Sii,GIZMON Utulens,1/50,iso1600]

 

「カフェ英国館」さんです。

再度、コーヒーでも飲みながらこの日までの写真の整理でもしようかなと思ったんですが、何故か立ち寄ることができませんでした。

商店街を後にします。

 

 

7S203360.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/640,F5.6,iso400]

 

地球岬展望台へやってきました。

 

7S203362.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/640,F5.6,iso400]

 

随分と大袈裟なネーミングですが、アイヌ語の「チケプ」に由来した「チキウ岬」が転化して「地球」になったんだそうです。

それにしても、先ほどの商店街からは車でほんの数分のところです。

住宅地の裏山みたいなところを進んできた印象です。

そんな身近なところにこんな絶景ポイントがあるなんて…。

天候に恵まれませんでしたが、晴れていたらどんな風景だったんでしょうか…。

 

7S203366.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/640,F5.6,iso400]

 

トッカリショ展望台です。

ものすごい風で、傘なんて差している場合じゃありませんでした。

 

7S203368.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/640,F5.6,iso400]

 

佐渡と同様、当たり前の日常が絶景といった印象です。

住宅街の裏手の馬の背のような丘陵地帯という印象でしたが、背の部分はとんでもない絶景地になっていました。

手前に見えている砂浜に降り立ち、断崖絶壁を見上げるようなこともしてみたかったです。

 

実は、室蘭市については工場夜景やロケ地巡りのほか、見どころは色々と取り揃えていたつもりでした。

ところがまぁ --- 今も不思議なんですが --- まったくもってそれら見どころへと足を運ぶことを失念していました。

 

工場地帯にある砂浜としては、奇跡的な「鳴り砂」の浜辺。

「イタンキの丘」からの眺め。

「潮見公園」からの眺め。

「輪西稲荷神社」付近からの眺望。

先ほどの室蘭中央通商店街にも訪ね損ねた場所がありました。

 

今回は主に北海道の西側を巡りました(全然巡り切れていないですけど)。

次回、小樽市を拠点として北海道の東側へ向かう時には、室蘭市については必ず再訪したいと今から強く思っています。

何なら、この冬にでも行動したいななんて思っているところです。

 

でも、そんなことを考えたら、今回巡ったコースの冬バージョンとして同じコースを巡りたいなんて気もしています。

冬の北海道の厳しさは想像を絶するものなんでしょうから、今回のように1日に300kmも走ったり車中泊するなんて不可能でしょうね。

今回の旅は、スケジューリングが遅くなってしまったので、冬に来るのであれば早めにスケジュールを詰めたいと思うところです。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:北海道

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:海と空の写真

四半世紀ぶり北海道の旅 VI (旭川市→上富良野→美瑛町→室蘭市)

2020.09.10 Thursday

 

北海道に上陸して3日目の朝を迎えました。

昨日までの記事の終盤では、宗谷岬の付近に達していましたが、この日のスタート地点は旭川市です。

前日の19時過ぎ以降、約250kmほど移動してきました。

 

7M307510.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/40,F2,iso640]

 

この日の目覚めは、ローソン旭川川端4条店の駐車場でした。

そして午前6時には旭川ラーメンにありついていました。

偶然にも、車中泊地点からすぐのところにあった「旭川ラーメン こぐまん」さんです。

昨年旅した下北半島のあたりでは"朝ラー"は当たり前のようですが、ここ旭川市にも"朝ラー"はありました。

 

女性店主ならではのきめ細やかなご対応と、スープまで飲み干せるような素直で懐かしい味わいです。(…と思います)

「おいしかった」という代わりに、自然にホッと満足のため息が漏れてしまいました。

また来たいなと思える素敵なお店でした。

ごちそうさまでした。

 

7S203243.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/160,F11,iso100]

 

旭川市街地を後にして約1時間です。

上富良野町に差し掛かるあたりには、私の思う「ザ・北海道」な風景が広がっていました。

 

7M307515.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/8000,F2,iso100]

 

7M307516.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/8000,F2,iso100]

 

7S203244.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/160,F11,iso100]

 

あまり道幅が広いわけではなかったので、「こんなところに停めて大丈夫かな」とビクビクしていました。

そんな中、同じように道端に寄せて車を停め、この見事な風景を写真に撮っている方がいらっしゃいました。

何となく、すれ違いざまに笑顔で「うん」と会釈します。

 

7M307520.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/160,F11,iso100]

 

すっきりと雲が晴れていれば十勝岳連峰が視界に入るあたりと思います。

この日は南下するに従って、時間が経過するに従って天候は下り坂ということは承知していました。

むしろ、前日の天気予報からすればこれだけ青空が広がっていることに少々驚いていたくらいでした。

 

7M307522.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/160,F11,iso100]

 

「ジェットコースターの路」です。

これこそが「ザ・北海道」という爽快さとスケールの大きさです。

ここから車のエンジンを停めてどこまで転がるのか試してみたいところではありましたが、ここは農道です。

作業中の車輛や、農家さんの姿もたくさん見られましたので、私はこの風景を眺めて次の目的地へと向かいます。

 

7M307533.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/5000,F2,iso100]

 

美馬牛駅です。

旅の行程表にはありませんでしたが、走行中に視界の片隅をよぎったのでUターンしてきました。

雰囲気の良い無人駅でした。

古くは「北の国から'89帰郷」のロケで使用されたことがあるそうです。

 

7M307540.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/5000,F2,iso100]

 

7M307542.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/5000,F2,iso100]

 

時刻は8時30分を過ぎたところでした。

前日までとは一転、強い日差しと汗ばむような暑さでした。

上りと下りのホームには、大勢ではありませんが学生さん、ビジネスマン風の人、旅行中と思しき人と、色々な人がいました。

 

7M307545.jpg

[α7iii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/2000,F2,iso100]

 

続いては、白金青い池です。

 

7S203256.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/400,F8,iso200]

 

まぁ、定番でしょうね。

SNS等でしょっちゅう見ていますから、初めてという気がしませんでした。

しかし、ネットで見てみるのと実際に足を運んでみるのとでは全然違いますね。

 

7S203258.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/400,F8,iso200]

 

7S203284.jpg

[α7Sii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/10,F22,iso100]

 

そして、池からすぐのところにある白ひげの滝です。

こちらもまぁ、定番でしょうね。

SNS等でしょっちゅう見ていますから、初めてという気がしませんでした。

しかし、ネットで見てみるのと実際に足を運んでみるのとでは全然違いますね。

 

7M307560.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/320,F8,iso100]

 

上富良野町、美瑛町を後にし室蘭市を目指します。

道中、田んぼの広がる風景には何となく意外な気がしたり…。

北海道にだって田んぼはたくさんありますよね。

 

7S203291.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/200,F11,iso100]

 

この場所に限らずなんですが、高校野球にちなんで知っている地名に差し掛かると不思議な感慨を覚えます。

 

ここ岩見沢市(駒大岩見沢とか)をはじめ、旭川市(旭川工、旭川実、旭川竜谷とか)、苫小牧市(駒大苫小牧、苫小牧工とか)、

室蘭市(室蘭大谷とか)、函館市(函館大有斗とか)などなど…。

地名の看板を見つけるたび「強そうだ」とか「懐かしい」とか、勝手に喜んでいました。

 

7S203292.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/200,F11,iso100]

 

7S203294.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/200,F11,iso100]

 

7S203299.jpg

[α7Sii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,2,F2,iso100]

 

そうしてたどり着いた室蘭市は、雨でした。

道内の車移動の9割は下道だったんですが、この日も順調に南下し、夕方前には室蘭市に入っていました。

この日は道内での5日間の移動日の中日であり、午後からは"後半戦"でした。

既に旅の前半で、最大の目的地である「北のカナリアパーク」を訪ねているということもあり、

少しだけ何もしない時間を設けたりしていました。

 

まぁ、こちら室蘭市については「工場夜景」が最大の目的だったこともあり、

日が暮れるまでの間に撮影スポットの下見をしたり、googlemapに新たな目的地点を登録したりという楽しい作業をしたりしていました。

そうこうしているうちに、雨脚は強まっていった訳なんですが…。

そして、風まで出て来てしまいました。

 

7S203302.jpg

[α7Sii,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,6,F11,iso2500]

 

ところが、、、

 

7S203304.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,3.2,F5.6,iso2500]

 

白鳥大橋の袂のビューポイントに腰掛けようと、白鳥湾展望台に佇もうと、室蘭港に三脚を構えようと、、、

一向に工場夜景の灯りは見えてきません。

 

7M307596.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,1/10,F2.8,iso1600]

 

そう、コンビナート群は、その灯を既に消し去っていたんです。

 

薄暗くなってもまったく点灯する気配もなく、「19時になったら点灯するんだよきっと」なんて思ったりもしてみたんですが、

結局いつになってもコンビナート群に灯りが灯ることはありませんでした。

静かな湾内に、その優雅な姿を映し出す白鳥大橋の夜景と相まって期待して来た場所だったんですが、ここでもリサーチ不足を露呈しました。

 

7S203307.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,6,F11,iso2500]

 

唯一、工場夜景っぽさを醸し出していた建造物です。

 

7M307602.jpg

[α7iii,FE 70-200mm F2.8 GM OSS,3.2,F11,iso1600]

 

白鳥のようにもキリンのようにも見えました。

工場敷地内を走る貨物列車用の線路が、雨に照らし出されていました。

 

7S203313.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,4,F11,iso1600]

 

白鳥大橋の袂に立って…。

傘が飛ばされそうな風になっていました。

本来であれば、橋の左下付近に対岸の工場夜景が映るはずでした。

残念です。

 

7S203314.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,5,F11,iso1600]

 

下見を含めて3往復ほどしました。

白鳥大橋です。

実際に走ってみると下から見上げる以上に高度感があり、股間のあたりがスース―するような錯覚がありました。

 

7S203315.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,5,F11,iso1600]

 

7S203318.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,8,F11,iso1600]

 

ここまでは行程も天候も順調過ぎるくらいでしたから、こんな日もあるさと納得です。

翌日の午前中いっぱいまで室蘭市に滞在したんですが、見落としたスポットも数多くあり、ここにはもう1度戻って来たいと思っています。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:北海道

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:オススメのお店

Nowadays

2020.09.09 Wednesday

 

たまには、佐渡の風景でも…。

というか、こちらこそが当ブログのメインコンテンツです。

 

7M309219.jpg

[α7iii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/400,F11,iso100]

 

9月6日の15時過ぎの相川湾です。

暑さのピークを越えた頃かもしれませんが、海の眩しさは遠く離れたここ城址橋でも目を細めるほどでした。

 

7M309220.jpg

[α7iii,Vario Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,1/200,F11,iso100]

 

9月7日の朝の真野湾です。

SUPを漕ぐ人がいました。

 

7S209083.jpg

[α7Sii,Vario Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F11,iso400]

 

同じく9月7日です。

時刻は18時03分です。

この日の最高気温は37度でした。

 

フェーン現象もさることながら、日々の変化としては日が短くなることがとても顕著です。

これは佐渡市だけではないお話ですが、本当に日が短くなりました。

 

ちなみに、今日の最高気温は32度でした。

夕方には雷雨になりました。

アスファルトからは湯気が上がっていました。

暑さのピークは少しずつ下がっていくんじゃないかと思います。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:海と空の写真

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:ひとりごと