<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

初夏の朝の長手岬

2017.06.12 Monday

 

1週間前の朝です。

佐渡で夕陽にいちばん近いと言われる岬である「長手岬(ながてみさき)」です。

 

DSC07830.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/8000,F2,iso100】

 

朝の爽やかな空気の中、この場所を訪ねてみました。

 

DSC07832.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/4000,F2,iso100】

 

朝の海で磯ねぎ漁が見られました。

見たところ、サザエなんかを採っていらっしゃったようです。

 

DSC07833.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/4000,F2,iso100】

 

DSC07682.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/160,F11,iso125】

 

遊歩道を進み、沖合の長手岬灯台に近いところへ進みます。

 

DSC07840.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/6400,F2,iso100】

 

風もなく、波もない長手岬海岸でした。

しかし、潮が満ちている最中ということはひしひしと感じました。

波も何も無いにも関わらず、ジャブジャブ…という音とともに海面が“隆起”する様は迫力を越えて怖さを感じます。

(目に見えて、、、という“隆起”ではありません)

 

DSC07842.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/2000,F2,iso100】

 

DSC07687.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/80,F11,iso100】

 

そして沖合に広がる溶岩台地(たぶん)へとやってきました。

 

DSC07846.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/4000,F2,iso100】

 

この水溜まりに来るのも久しぶりです。

「奇跡の水たまり」です。

別段海面より低い位置にある、という訳ではありません。

なぜここがいつも水たまりになっているのか、全然わかりません。

 

DSC07848.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/4000,F2,iso100】

 

溶岩台地(たぶん)ごしに小木半島が浮かんでいます。

 

DSC07850.JPG

【α99,Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM,1/4000,F2,iso100】

 

気が付くと、団体のお客さんが沖合の岩場を散策していらっしゃいました。

きっと、前日までの「宵乃舞」を観にいらっしゃったんだろうな…と。

その手には、袋いっぱいに採ったシタダミなんかが見えました。

シタダミって知って採ったのかな…なんて思いながら、美味しく召し上がっていただけたら嬉しく思います。

 

写真に写っている雲は夏らしくも何ともありません…。

…が、背後には夏らしい入道雲がニョキニョキと伸び始めた長手岬でした。

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:

Today

2017.06.11 Sunday

 

“快晴”な1日でした。

 

DSC09058.JPG

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/160,F11,iso100】

 

夕方近くになって京町通りへと立ち寄りました。

 

DSC09067.JPG

【α99,70-300mm F4.5-5.6 G SSM,1/160,F11,iso100】

 

この通りから海を見下ろすことができるのはいつものことですが、今日のように海が青くキラキラしていると

見えてくる景色もまた違って見えます。

佐渡の日常の“絶景”と思っています。

 

 

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:カメラ

京町音頭流し「宵乃舞」 2017 V

2017.06.10 Saturday

 

京町音頭流し「宵乃舞」の2日目の様子です。

前日よりは若干気温は高かったとはいえ、この日も空は雲に覆われていました。

 

DSC07506.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F5.6,iso400】

 

DSC07664 (1).JPG

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/125,F2,iso3200】

 

「宵乃舞」はここ数年、土曜日に前夜祭、そして日曜日に本祭という形が定着しております。

ただ、中身としましては土曜日の方が出演団体が多く、来場者も多いといった感じです。

 

DSC07509.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F4,iso3200】

 

特に佐渡市外から参加される団体さんの出場は土曜日に集中しています。

そんな中、両日を通じて出場している団体が「新潟県佐渡地域振興局」そしてこちら「立浪会」です。

 

DSC07522.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/40,F4,iso3200】

 

2日間ともにしんがりを務めました。

その姿は、さながら“真打登場”といった風格があります。

抜群の安定感を誇ります。

 

例の関西方面からいらっしゃったお客さんをご案内させていただいていたんですが、

「踊りが全然違う」「腰がしっかりと座っている」「何??この風格は…」といった声が聞こえました。

 

DSC07543.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/10,F4,iso2000】

 

こちら「佐渡分屯基地」です。

 

DSC07553.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/10,F4,iso2000】

 

第1スタート地点を出発した「立浪会」の到着を待って、第2スタート地点より立浪会の地方演奏で踊っていらっしゃいました。

広報ご担当の方でしょうか、制服姿もまたカッチョ良かったです。

 

DSC07558.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/10,F4,iso2000】

 

DSC07570.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/5,F4,iso2000】

 

DSC07571.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/5,F4,iso2000】

 

DSC07573.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/5,F4,iso2000】

 

DSC07581.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/5,F4,iso2000】

 

DSC07585.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/5,F4,iso2000】

 

前日に続いて1人だけ違う色の浴衣姿がありました。

彼はまだ小学生です。

この「宵乃舞」という舞台に立つにあたって、歴史ある立浪会の看板を背負っているわけですから、実力でこのポジションにいるんだと理解しています。

立浪会の未来を背負って立つ“期待の大型新人”です。

 

DSC07671 (1).JPG

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/40,F2,iso6400】

 

DSC07638.JPG

【α7SII,LA-EA4,Vario Sonnar T*16-35mm F2.8 ZA SSM,1/10,F2.8,iso6400】

 

こちらも昨日に続いての出場となる「新潟県佐渡地域振興局」です。

7月の鉱山祭では、毎年思考を凝らした寸劇が人気を呼んでいます。

いつも積極的に地域との関わりにご尽力されています。

 

DSC07705.JPG

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/100,F2,iso6400】

 

DSC07713.JPG

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/100,F2,iso3200】

 

DSC07739.JPG

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/50,F2,iso3200】

 

DSC07791.JPG

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/100,F2,iso3200】

 

京町通りを流し終えたあとは奉行所内を流します。

ただ、ここへたどり着く前に怒涛のような人の流れに巻き込まれてしまい、何となく心が折れてしまいました。

最後は忙しなく撮るんじゃなくて、せめてのんびりと踊りを眺めてみようと…。

 

DSC07797.JPG

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/100,F2,iso3200】

 

DSC07798.JPG

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/100,F2,iso3200】

 

DSC07799.JPG

【α99,Sonnar T* 135mm F1.8 ZA,1/100,F2,iso3200】

 

雨に始まった今年の「宵乃舞」でしたが、こうして無事に2日間の日程を終了しました。

 

前日はある程度撮影箇所を絞っていました。

なので、どのくらいのお客さんがいらっしゃったのかはまったくわかりませんでした。

この日は、ずーっと京町通りを下って奉行所までやってきました。

日曜日にも関わらず、大勢のお客さんがいたという印象でした。

天候には恵まれなかったとはいえ、例年通りの盛り上がりを見せた「宵乃舞」だったんじゃないかと思います。

 

今年は京町通りに「Cale ガシマシネマ」さん、「ちゃらくら商店」さんといったお店も増えました。

地元の方のご理解とご協力を得ながらここまで歩んできた「宵乃舞」です。

今後はさらに、地元の利益という部分でも発展的な側面を持つイベントになったらホント素晴らしいですね。

 

今年も開催にあたりご尽力されました実行委員会の皆さま、参加者の皆さま、そして地元・相川2分団の皆さま、たいへんお疲れさまでした。

 

 

 

JUGEMテーマ:名所

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:地元の祭り

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:SONY

JUGEMテーマ:カメラ

JUGEMテーマ:ひとりごと