<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

棚田の夕景

2012.05.13 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

遠いところから帰って来ました。

12年ぶり4回目の航空機との対決でした。


往路・復路ともに手に汗握る大熱戦でした。。。

またその模様は後日お伝えできたらと思います。



さて、乙和池遭難碑と訪ねたスカイラインの帰り道、相川湾に夕陽が沈んでいくのが見えました。

いつもなら、城址橋春日崎方面へ向かってみるところなんですが、この日は鹿伏(かぶせ)の海岸段丘上のちょっとした棚田へ行ってみました。



DSC02280(昼白色蛍光灯).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 75mm 1/50sec F10.0 ISO=100 多分割測光 WB=昼白色蛍光灯 --



DSC02291(昼白色蛍光灯).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 18mm 1/15sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=昼白色蛍光灯 --



DSC04800(昼光色蛍光灯).JPG
【α550】+【SIGMA 8-16mm 4.5-5.6 HSM】
-- 16mm 1/40sec F11.0 ISO=200 多分割測光 WB=昼光色蛍光灯 --



DSC04806(日陰).JPG
【α550】+【SIGMA 8-16mm 4.5-5.6 HSM】
-- 9mm 1/40sec F8.0 ISO=400 多分割測光 WB=日陰 --



DSC03483(日陰).JPG
【α77】+【Sonnar T* 135mm F1.8ZA】
-- 135mm 1/80sec F2.8 ISO=200 多分割測光 WB=日陰 --



DSC04809(日陰).JPG
【α550】+【SIGMA 8-16mm 4.5-5.6 HSM】
-- 8mm 2.5sec F11.0 ISO=200 多分割測光 WB=日陰 --

棚田といえるほどの傾斜地では無いのかも知れませんが、想像以上に美しい夕景が広がっていました。

今年は島内全域で昨年より田植えは遅いと聞きました。

とはいえ、ぼちぼち田植えも終わりに近いようです。



できたら田植え前の田んぼを狙ってもっともっとマジックアワーを歩きたかったんですが、天候も優れず思うようには行きません。

今週は時間を見つけて外海府や岩首に再度行ってみようかと思います。



17日は北鵜島車田植が行われるそうです。

岩首の棚田

2012.05.02 Wednesday

 
このG/W頃が田植えの最盛期でしょうか?


私の家は農家ではないので、昔っからG/Wといえばカレンダー通りの大型連休でした。

農家の方ですとG/Wといえば田植えで大忙し!

連休前からため息をつくような面持ちなんでしょうか?



DSC01922(太陽光).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/5sec F11.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

岩首(いわくび)へ行ってきました。


個人的に佐渡でいちばん美しいと思われる「養老の滝」です。

これまで、岩首といえば私はこの滝のことくらいしか知りませんでした。


しかし昨年度、佐渡市が能登と共に日本初の世界農業遺産(GIAHS)に登録されると一気にここの棚田を見に来る人が増えたそうです。

当然、私もそんな内の1人なわけなんですが・・・。



DSC01901(太陽光).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/125sec F11.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

本当は昨日や今日のような青空の時に来たかったんですが、この日は生憎の曇り空でした。

まぁ、撮影ポイントの下見ということで・・・。



DSC01908(太陽光).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 35mm 1/125sec F11.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

急に田んぼに来るお客さんが増えたといっても、地元の方にしてみたら大切な畔なんかを荒らされないかという心配も増えるんでしょう。

また、この繁忙期に車を連ねて来たりしたら、それはそれで農作業の邪魔にしかならないんでしょう。


実際、地元の方からはそんな声もお聞きしました。



DSC01911(太陽光).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 45mm 1/125sec F11.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

田んぼには入らない。

畔には乗らない。

農道には車を停めない。


こういったことがここではルールになりましょう。

ゴミのポイ捨てなどはもってのほかですね。



DSC01913(太陽光).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 30mm 1/125sec F11.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

だいたいこの辺りで標高は300mくらいのようです。

晴天時であれば、眼下には真っ青な海。

そして対岸には、弥彦・角田の山並みが見えることでしょう。



DSC01914(太陽光).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/125sec F11.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

この日は風が無いのは幸いでした。

水の張られた田んぼが鏡のようでした。



DSC04671(太陽光).JPG
【α550】+【SIGMA 8-16mm 4.5-5.6 HSM】
-- 8mm 1/400sec F11.0 ISO=200 多分割測光 WB=太陽光 --

夕暮れ時。

夜明け。

月夜。

星の降る夜。


この場所での色々な場面を見てみたいと思いました。

それはまた時間を改めて・・・。



DSC01918(太陽光).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 26mm 1/160sec F11.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

それから、この一面が黄金色に輝くであろう収穫の時期も・・・。


深い雪に閉ざされた時期は厳しそうですが。。。



DSC01920(太陽光).JPG
【α100】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 40mm 1/50sec F11.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

若い方が頑張って作業をしていました。

日々、大変な作業を繰り返していると思います。


そんな大変な思いをされていることを承知で書きますが、“自然と一体になったのどかな風景”に見えました。


「呑気なもんだ」

と怒られてしまいそうですが。。。



またお天気の良い日に行ってみたいと思います。

決して邪魔はしませんので、よろしくお願いいたします。

羽ニ生の田んぼ

2012.04.20 Friday

 
当ブログの今年のテーマでもある「空と海と田んぼ」(順序は入れ替わったかも知れません)の第1弾です。

両津地区の羽ニ生(はにう)というところの田園風景に出会ってきました。



DSC02115(太陽光).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/500sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

この辺りに来ることは滅多に無いのですが、いつもお世話になっている方でこの羽ニ生の方がいらっしゃるんですが、この場所を教えていただきました。


先の“爆弾低気圧”の爪痕が若干残っていました。

しかし、田植えに向けて着々と準備は進んでいるようです。



DSC02117(太陽光).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 22mm 1/500sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

水が張られた田んぼと、両津湾と、大佐渡山地。 そして真っ青な空と・・・。

今年のテーマはこの1枚で完結してしまいました。



DSC02123(太陽光).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/500sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

この辺りですと、“うかじんさん”には毎年元旦に来ますし、姫崎灯台にはたまに来たりします。

いずれも両津湾越しに雄大な大佐渡山地を望むことができるんですが、この場所はまた格別でした。

この日のお天気が素晴らしかったこともあるんですが、見事な景観でした。



DSC02126(太陽光).JPG
【α77】+【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 75mm 1/500sec F8.0 ISO=100 多分割測光 WB=太陽光 --

両津湾を横切る船が実は佐渡汽船のカーフェリーではない件・・・。

フェリーが来たと思って、思いっきりあぜ道を走ってしまいました。。。



この見事な海と空と雪山のコントラストを見て、もっと深い雪に覆われた頃の晴天の日に来てみたいと思いました。

今年はこの場所から定点観測できたらと思います。


次回はG/W頃に来れたらと思います。

決して、田植え等の作業の邪魔はしないようにしますので、よろしくお願いしたいと思います。

あぜ道

2009.06.29 Monday

JUGEMテーマ:日常。

田植えの時期がついこの間だったような気がするんですが、
もう、稲は膝くらいの高さまで伸びて、風にサワサワと揺れています。 




【70-300mm F4.5-5.6】
-- 300mm 1/100秒 F11.0 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

稲の状態をチェックしているのかと思いきや、このおじさんの仕事はあぜ道の整備だったようです。




【70-300mm F4.5-5.6】
-- 300mm 1/400秒 F5.6 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

おじさんのつくった“あぜ道”です。




【70-300mm F4.5-5.6】
-- 300mm 1/400秒 F5.6 ISO=100 WB=太陽光 多分割測光 --

あぜ道をつくる“おじさん”です。


佐渡の玄関口・両津。
その両津湾に面した河崎という集落の田園風景です。

この日は両津球場で野球のお手伝いがあり、朝から約50分かけて向かったんですが、
普段は時間に“のりしろ”を持たない私が、あろうことか1時間も早く着いてしまい、その結果出会えた風景です。



ま、集合時間を1時間間違えただけだったんですけどね。。。



これに懲りて、あまり早く行動しすぎないように気をつけたいと思います。

その前に、人の話はちゃんと聞くようにしたいと思います。。。