<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

佐渡を離れて検噌部峡谷鉄道〜

2009.05.09 Saturday

JUGEMテーマ:旅写真

立山アルペンルートを後にし、国道8号線と農道を走り、一路黒部峡谷へ。

午後からの目的は、黒部峡谷のトロッコ電車です。



【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/40秒 F4.5 ISO=100 WB=曇天 スポット測光 偏光フィルター --

2009/05/03 14:00
満員のトロッコ電車です。

宇奈月駅まではスイスイと走って来たものの、駐車場の入り口では大混雑。。。
今はGWの真っ只中ということを改めて思い知らされました。

チケット窓口には長蛇の列。
ようやくチケットを購入するも、終点の「欅平」へ行った日には、「帰りは19時過ぎですね」
とのこと。

仕方なく、最寄の駅である「黒薙」までの往復券を購入し、“とりあえず”の雰囲気だけを味わおうという作戦に出ました。



【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- プログラムAE 16mm 1/40秒 F5.0 ISO=100 WB=曇天 スポット測光 偏光フィルター -0.3EV --


トロッコ電車に乗ると、テープのアナウンスが流れますが、声の主は富山出身の室井茂さんだそうです。

室井さんのガイドに従い電車から黒部川へ目を移すと、青々とした渓流が見えました。
見事なまでに青いです。

写真右手に見えるのは“地蔵岩”と呼ばれる岩が見えました。

もともとお地蔵さんによく似た岩だったそうなんですが、赤い頭巾をまとってサンタクロースのようになっています。



【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- プログラムAE 16mm 1/50秒 F5.6 ISO=100 WB=曇天 スポット測光 偏光フィルター -0.3EV --

2009/05/03 14:37
乗車して約30分ほどで、降車駅の「黒薙」に到着です。

ここから歩いて20分ほどのところに露天風呂があるということだったので、
散歩がてら覗いて覘いて見ることにしました。



【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- プログラムAE 16mm 1/40秒 F4.0 ISO=100 AWB スポット測光 偏光フィルター -0.3EV --

2009/05/03 14:51
なかなか激しいアップダウンでしたが、ほどなく温泉に到着です。



【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- プログラムAE 16mm 1秒 F3.5 ISO=100 WB=昼光色蛍光灯 スポット測光 -0.3EV --

雰囲気もなかなかのものです。
次回来た時は、是非ここに宿泊してみようと思います。

…その割には、料金も何も見ないで来たなぁ。。。



【50mm F2.8 Macro】
-- プログラムAE 50mm 1/100秒 F3.2 ISO=100 WB=曇天 スポット測光 -0.3EV --

道中にあった標柱です。
一言一言がとても優しいです。



【50mm F2.8 Macro】]
-- プログラムAE 50mm 1/100秒 F3.2 ISO=100 WB=曇天 スポット測光 -0.3EV --

道中で見下ろした渓流です。
ここは黒部川の支流らしいですが、やはり青々としています。

曇り空だったのが残念でした。



【50mm F2.8 Macro】
-- プログラムAE 50mm 1/100秒 F4.0 ISO=100 WB=曇天 スポット測光 -0.3EV --

散歩を終え、黒薙駅まであとちょっとのところで、下りのトロッコ電車が走って来ました。
格好のビューポイントです。

…が!
この写真を撮った代償は、「乗り遅れ」という結果となってすぐに表れてしまいました。。。



【50mm F2.8 Macro】
-- プログラムAE 50mm 1/125秒 F3.2 ISO=100 WB=曇天 スポット測光 -0.3EV --

2009/05/03 15:44
黒薙駅の駅長さんです。

とても優しく、親切な方でした。

交代制なんでしょうが、人気の少ない駅の庁舎にポツンと腰掛け、
電車がやってくるたびにお客さんの乗降のお手伝いをするのはなかなか大変なお仕事かと思います。

大して言葉も交わさなかったんですが、とにかくこの方の優しい眼差しが印象的でした。



このトロッコ電車は以前にも乗ったことがあるんですが、その時はさほど楽しいという印象はありませんでした。

もっとも、その時は終点の「欅平」まで行って来たんですが、
すれ違う電車に乗って降りてくる人の顔がみんなぐったりしていた理由がよくわかったような気がしました。

今回は短い区間のみだったんですが、かえってそれが良かったのかも知れません。

「も一度来たい!」
と思える時間でした。



次回は宿泊客になって、1日かけてじっくり辺りを散策してみたいですね。

佐渡を離れて検曽量沼譟

2009.05.08 Friday

JUGEMテーマ:旅写真

さて、高岡市で朝を迎え、向かった先は称名滝です。

熱もすっかり下がり、富山市方面へUターンし、車を走らせること約1時間半。
“朝Mac”をする間もなく立山アルペンルートの入り口へ差し掛かりました。

麓の立山駅付近は大混雑のようでしたが、称名滝道は比較的人も少なかったようです。



【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/80 F10 ISO=100 AWB スポット測光 偏光フィルター --

2009/05/03 09:13
駐車場にて。

ここから約1.5kmは車両進入禁止ということで、急な坂道を歩くんですが、
まずは称名滝方面の遠景です。

この位置からはハンノキ滝が正面に見えますが、称名滝は途切れ途切れにしか見えません。。。



【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 40mm 1/80秒 F11 ISO=100 AWB 多分割測光 偏光フィルター --

道中のちょっとした休憩所にて。

「うぎゃっ!」というカエルを踏み潰したような声が聞こえたので足を止めると、
冬眠明けの蛇が道路を横断していったところでした。

内心、「蛇くらで叫んでんじゃねぇよ」なんて思いつつ、一息つくことにしました。

この位置からは称名滝は完全に隠れてしまい、主役はハンノキ滝です。



【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 20mm 1/40秒 F11 ISO=100 AWB 多分割測光 偏光フィルター --

2009/05/03 09:22
称名滝直下の滝見橋より。

ようやくお目見えした称名滝です。
やはり胸の透く思いのするところです。

完全に逆光のため、偏光フィルターは何の意味もありません。。。

3日ほど前に、開通を伝えるニュースで映像で見たんですが、思ったとおり水量は少なめでした。



【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/80秒 F11 ISO=100 AWB スポット測光 偏光フィルター --

昨年、落石のために上がることのできなかった滝見台へ初めて上がってみました。
ようやく称名滝を正面から捉えることができました。

ちょうど飛行機雲が通って行ったので、しめしめと思ってシャッターを切ったんですが、
隣で撮影していた方も同じことを考えていたようです。

人間、いやらしいことをするとニヤけるようで、すぐに解ります。
きっと隣の方も私のニヤケ顔を見てそう思ったことでしょう。。。



【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 50mm 1/50秒 F11 ISO=100 WB=太陽光 スポット測光 偏光フィルター --

滝壺は60mもあるそうなんですが、まだそのほとんどが雪に覆われているようです。

それにしても、流れる水の青いこと青いこと…。



【70-300mm F4.5-5.6】
-- 75mm 1/250秒 F5.6 ISO=100 WB=曇天 スポット測光 --

称名滝は4段からなっていますが、1〜3段目の滝です。

昨年は望遠レンズがなかったため、今回、初めて上段の滝をズームで狙ってみました。



【70-300mm F4.5-5.6】
-- 280mm 1/400秒 F5.6 ISO=100 WB=曇天 スポット測光 --

一番迫力のあった3段目に上がる飛沫です。

水量が少ないとはいえ、この時期でも0.5邸辛辰曚匹一気に落下してきます。
間近で見れないのは残念ですが、間近でみたらその迫力に耐えられるかどうか。。。

しかし、それぞれの滝壺を上から覗いてみたい衝動には駆られますね。



【70-300mm F4.5-5.6】
-- 180mm 1/1000秒 F5.6 ISO=100 WB=曇天 スポット測光 --

1〜2段目の滝です。
手前の岩に隠れて2段目の段差は見ることができません。

1段目は70m。2段目は58mあるそうです。
下から見上げると距離感がおかしくなってしまうため、そんなに高さを感じることはないんですが、
望遠レンズで覗いてみると恐ろしく高い気がしてしまいます。。。



【70-300mm F4.5-5.6】
-- 230mm 1/1000秒 F5.6 ISO=100 WB=曇天 スポット測光 --

この最上段の滝の上流には称名川廊下と呼ばれるゴルジュが9kmに渡って続いているそうです。

そこは前人未到の渓谷だそうですが、この滝の岸壁を登る人がいるそうなので驚きです。。。



【70-300mm F4.5-5.6】
-- 75mm 1/250秒 F9 ISO=100 WB=曇天 スポット測光 --

最下段の4段目の滝です。

この滝の落差が一番高く、126mあるそうです。
落ち口から滑り落ちる滝は加速度を増し、深い滝壺に真っ逆さまです。

遠目に見ているだけでもスリリングな感覚を超えて、恐怖感すら味わえそうです。



【70-300mm F4.5-5.6】
-- 160mm 1/800 F5.6 ISO=100 WB=曇天 スポット測光 --

4段目の滝が岸壁に当たり、向きを変える部分です。

何かを感じてしまう光景です。
この滝を見ていて最も目を惹く場所です。



【70-300mm F4.5-5.6】
-- 90mm 1/640秒 F5.6 ISO=100 WB=曇天 スポット測光 --

称名滝とは対照的に穏やかに流れ落ちるハンノキ滝です。

この雪融けの時期や梅雨時など、水量の多い時だけに現れる滝だそうですが、落差は500m。
この滝が現れている間は、この滝が落差日本一です。

下から見た感じではそれほどの落差は感じませんが。。。



【70-300mm F4.5-5.6】
-- 280mm 1/640秒 F5.6 ISO=100 AWB スポット測光 --

称名滝より急な感じです。
水量が少ないため迫力は感じませんが、これも落っこちたら怖そうです。



昨年に続きこの滝へやって来ましたが、昨年の教訓が全く生かされず、
水量が少ない時期に来てしまったことと、午前中に来たため、全く逆光になってしまったことが残念でした。

しかし、昨年には見ることができなかった滝見台からのアングルでこの滝を捉えることができたのは収穫でした。

また、6月あたりに来ることができたら最高でしょうね。



この日は、もう全ての贅沢をしようと思い、立山駅から室堂までのアルペンルートの走破を目論んでいました。

しかし、立山駅で駐車場を探しつつ警備員さんに尋ねてみると、

「もう今日は電車は乗れませんよ」

との返事が…。。。

さらにごった返す人並みと駐車場に入りきらない車の列を横目に、

「今並んでいる人たちは明日の分です」

と。。。



午前11時前に夢は儚く散ってしまいました。
やはり6月頃の人のいない時期を見計らって来るのが得策のようです。

この時期に来てはダメだということが解っただけでも良しとし、午後は一路黒部峡谷へと向かうこととしました。



それでも、“思いっきり称名滝”な午前中には充分満足させられました。
今度こそ、この教訓を活かさねば…と思いつつ、再び国道8号線を、今度は黒部市へと向かいました。

佐渡を離れて検GO WEST〜

2009.05.07 Thursday

JUGEMテーマ:旅写真

カレンダー通りのお休みだった今年のGWですが、
やはり島内におとなしくしているなんて出来ません。

今年はいつもの寝袋にプラスして、テントという新たなアイテムを手にし、愛車ごと島を出ました。

行く先は…やはり何度でも行きたい北陸路です。。。



【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/125秒 F11 ISO=100 WB=曇天 スポット測光 偏光フィルター --

2009/05/02 12:50
小木港発、直江津行きカーフェリーです。

出港から約20分。
花曇です。



【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/100秒 F11 ISO=100 WB=太陽光 スポット測光 偏光フィルター --

2009/05/02 15:10
間もなく直江津港に入港です。

中央やや右に、柏崎の明峰・米山です。



【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 24mm 1/60秒 F11 ISO=100 WB=太陽光 スポット測光 偏光フィルター --

2009/05/02 16:47
能生の弁天岩にかかる鯉のぼりです。

今年もおいしそうに風に泳いでいました。

今年は初めて橋を渡り、弁天岩に登って見ました。



【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/160秒 F11 ISO=100 WB=太陽光 スポット測光 偏光フィルター --

毎年見ている光景なんですが、何度来ても胸の透く思いのする場所です。

今年も来れてよかったです。



【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 50mm 1/50秒 ISO=100 WB=日陰 スポット測光 偏光フィルター --

2009/05/02 17:11
2日後の糸魚川街道走破を睨んで…。

いつも足を止める姫川沿いの電化工業地帯です。



【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 1/125秒 F3.5 ISO=100 WB=昼光色蛍光灯 スポット測光 偏光フィルター --

2009/05/02 17:47
親不知のピアパークにて。

親亀のミリオンです。
今年も背中に上らせていただきました。。。



【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 60mm 1/30秒 F16 ISO=100 WB=日陰 スポット測光 偏光フィルター --

カップル、親子、釣り客、放浪人等々…
色んな人が夕陽に魅せられていました。



【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 50mm 1/80秒 F5.6 ISO=100 WB=日陰 スポット測光 偏光フィルター --

波打ち際で戯れる親子です。

後ろではそれを見守るパパさんの姿も見えました。
小さいお子さんによい思い出の風景となったでしょうか?



【70-300mm F4.5-5.6】
-- 75mm 241秒 F11 ISO=100 WB=昼光色蛍光灯 スポット測光 ND400フィルター --

2009/05/02 18:31
ここには初めて立ち寄りました。

親不知観光ホテルの脇を走る旧国道8号線です。

いつも通るたび、修学旅行でこんなところへ連れてこられたら脱走できないだろうな…
と思うような場所にあるホテルなんですが、この旧国道には親不知の歴史がたくさん刻まれているようです。

かつては「天下の嶮」、今は「如砥如矢」。
垣間見える「自然の力」と「立ち向かう人間の力」。
その双方を感じられる場所でした。

脱走できなくてもかまわないので、こんなところに宿を構えるのもいいな…と思ってしまいました。。。



当初の予定では、翌日は白川郷を目指すべく、夜を徹して走り続けるつもりだったんですが、
興奮しすぎたためか発熱してしまい、やむなく高岡市でホテル泊まりとなってしまいました。

明日はいずこへ…