<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

雪の割戸

2009.12.20 Sunday

JUGEMテーマ:地域/ローカル

昨日、相川湾越しに眺めた道遊の割戸を思い出しました。

そういえば、雪化粧の割戸って撮ったことが無かったかも知れません。


自宅から車で5分もしないところに、この国内最大級といわれる路頭掘跡があるというのは、こんな時には便利です。




【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 400mm 1/160秒 F9.0 ISO=100 WB=曇天 多分割測光 --

ものすごく不気味で不敵な岩場です。

え?これが道遊の割戸?と思う方もいらっしゃるでしょうか。




【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 280mm 1/160秒 F9.0 ISO=100 WB=曇天 多分割測光 --

少し引いてみます。

ノコギリが立っているみたいですね。




【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 70mm 1/160秒 F9.0 ISO=100 WB=曇天 多分割測光 --

さらに引いてみます。




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 22mm 1/50秒 F9.0 ISO=100 WB=曇天 多分割測光 偏光フィルター --

実はここ、道遊の割戸の裏側なんです。

よくネットや雑誌なんかに映っている道遊の割戸とは違った荒々しさがあります。

まさに山頂付近から路頭彫りで山を削り取っていった様が伺えます。




【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- 120mm 1/125秒 F9.0 ISO=100 WB=曇天 多分割測光 --

こちら正面から見た道遊の割戸です。

正面から見ると、山頂をガツンと叩いたらパカっと開いた風に見えます。


割戸の幅は最大で約30m。深さは74mもあるそうです。

この深さが「人間の欲」の深さによく例えられます。


一度、この割戸を頂上から覗き込んでみたいんですが、なかなか実現しません。

以前、鉱山の職員の方に聞いてみたことがあるんですが、向かって右側の山からは簡単に頂上まで登れるんだそうです。


「じゃあ、登ってみてもいいですか?」

と聞いたら、静かに首を横に振られたので、

「じゃあ、連れて行ってください」

と聞いたら、「いつか機会があれば・・・」

と苦しそうに答えてくださいました。


なかなか“いつか”の機会が来ないですね。

私はずっと待ってるんだけどな。


きっと来るわけないですよね。。。


佐渡は大雪

2009.12.19 Saturday

JUGEMテーマ:迫り来る冬

一昨日の夜から積もり始めた雪ですが、昨日一日でさらに強さを増しました。

多いところでは40cmほどの積雪となったそうです。




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 35mm 1/200秒 F8.0 ISO=100 WB=曇天 多分割測光 --

お昼過ぎの真野湾です。

ほんのさっきまで陽が射してギラギラとしていたんですが、撮影しようと思った途端に分厚い雲に覆われてしまいました。




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 45mm 1/100秒 F8.0 ISO=100 WB=曇天 多分割測光 --

旧佐和田町の中山という集落です。

山間の村は雪に覆われひっそりとしていました。

ここまでは除雪車も入ったようですが、この先で行き止まりになってしまいました。




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 40mm 1/100秒 F9.0 ISO=100 WB=曇天 多分割測光 --

冬の相川湾です。

写真右には佐渡金山の道遊の割戸が見えます。




【70-400mm F4-5.6 G SSM】
-- プログラムAE 280mm 1/400秒 F5.6 ISO=100 WB=曇天 多分割測光 -0.3EV --

潮騒にけぶる冬の相川の町並みです。


今日も相川湾には4〜5mくらいの波が押し寄せていましたが、まだまだこんなくらいでは誰も驚きません。



昔はもっと雪もたくさん積もったような気がしたんですが、自分が小さかったせいでしょうか?

来週以降は寒さも少し和らぎそうな予報です。


せっかく積もった雪が融けてしまうかと思うと、少し残念です。

雪の日の夜に

2009.12.18 Friday

JUGEMテーマ:迫り来る冬

昨年も雪が降ったらすぐ来た場所です。




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 30mm 1/30秒 F4.5 ISO=200 WB=温白色蛍光灯 多分割測光 --

相川の大工町(だいくまち)というところです。


佐渡金山全盛の頃の呉服店街だった「京町通り」の一番金山よりのところです。

しんしんと降る雪の中、聞こえてくるのは雪の重みで竹が割れる音でした。

この寒々しい景色に何故か心温まります。




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 30mm 30秒 F8.0 ISO=200 WB=温白色蛍光灯 多分割測光 --

旧拘置所跡付近です。


かつて、こんな季節にこの拘置所の独房にいらっしゃった方は、さぞかしお寒い思いをされたことでしょう。。。




【Vario Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA】
-- 16mm 30秒 F8.0 ISO=200 WB=温白色蛍光灯 多分割測光 --

旧拘置所跡の向かいには、かつての裁判所職員の官舎があります。

町営住宅として使用されてきたこの場所も、今は空き家ばかりになってしまいました。




【50mm F2.8 Macro】
-- 50mm 8.0秒 F5.6 ISO=200 WB=昼白色蛍光灯 多分割測光 --

玄関先にあるドウランツツジです。

すっかり葉っぱが散ってしまったと思ったら、こんなに早く新しい花が咲きました。


小さい頃から、雪が降ると好んで深夜徘徊をしたものです。

これから春先までしばらくこんな景色が続くと言うのに、何故か雪景色がはかない存在に思えてしまいます。


昔はもっと雪もたくさん積もったと思います。

雪が降ると嬉しくなり、融けてしまうととても残念な気持ちになってしまいました。

最近はもう、ちょっと積もったってあっという間に融けてしまいます。



大抵の方は雪の到来を煩わしくお思いかと思うんですが、私は未だに犬のようにはしゃいでしまいます。