<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

月明かりに照らされて

2008.10.15 Wednesday

JUGEMテーマ:夜空


真野湾です。



月明かりに照らされて、湾の南側には真野の夜景です。



月明かりに照らされて、夜の青空と、沖に点る船の灯りです。



月明かりに照らされて、湾の北側には二見(ふたみ)の夜景です。

深夜11時30分です。
今日もありがとう。

紅葉の下調べ

2008.10.14 Tuesday

JUGEMテーマ:秋の気配



紅葉の時期が近づいています。

佐渡の紅葉はどちらかと言えば“黄葉”なんですが、今年は“紅葉”を見てみたいと思い、その下調べです。

狙った場所は、小佐渡丘陵を縦断する林道、これが世に言う「小佐渡スカイライン」というところです。


この日も朝から晴れ渡りました。
四十八箇所越えから望む、弥彦山と角田山です。


いたるところに群生しています。
外来種だそうですが、2〜3年前から急激に増加し(過ぎ)ています。


今日はこの場所を訪れてみました。
杉池(すぎいけ)」というところです。

写真家である天野尚さんの写真集にも登場するところですが、
紅葉の時期を見計らって、また来て見たいと思います。


おっと、失礼!

実はこの一つ上の写真は、この写真を上下に反転させたものです。
杉池にあるひょうたん池の湖面には、もう一つの世界が映っていました。
空の色まで映るんですね。。。


月明かりに照らされるススキ・・・ではなく、思いっきり逆光のお日様に照らされるススキです。

いちいちすみません。


What’s This?
Oh!Beeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!!!

大変失礼いたしました。

しかし蜂の巣って芸術ですよね。内部も外部も。
新穂の山奥で見つけた特大の蜂の巣です。

30年間生きてきて、かれこれ20回以上も蜂に刺されています。
そのうち、スズメバチにも何度かお世話になりました。

手の甲と頭と頭と背中とふくらはぎと・・・。
よく生きてこられました。
最近はスズメバチが近づいてくると、マジ勘弁して欲しいわ!って思います。

でも今日は、車の中で、しかも望遠レンズだったので強気です!


夕闇が迫るのがとても早くなりましたね。
わびしい季節です。。。


すっかり陽が落ちたあとには月が。。。

こないだ三日月を見たばかりだと思っていたら、その三日月がもうこんなに大きくなりました。

これでは季節が巡るのは早いワケです。




※お詫び

「小佐渡スカイライン」ですが、
佐渡でそう言ってもきっと通じないと思います。
全然「世に言う」どころの騒ぎじゃないです。

何度もすいません。。。

愛を抱きしめて

2008.10.13 Monday

JUGEMテーマ:つぶやき。



倖せが何かなんて
庭の花は答えやしない


あーただそこに 咲いているだけ


人はいつから求めはじめた
ここに生きる以外の事を


あーせめて心優しく 生きていたい


君の落とした悲しみの
数だけぼくが拾ってゆくよ


君の苦しみの重さだけ
ぼくに持たせておくれ


もう何も要らないね
すべては時の河にのせて


あー愛だけを感じて 生きていたい


君の落とした悲しみの
数だけぼくが拾ってゆくよ


君の苦しみの重さだけ
ぼくに持たせておくれ

【愛を抱きしめて/チューリップ】

一体お前は何歳だ?と言われそうなんですが、
1972年に結成され、20余年。そして、再結成を果たし昨年まで活躍したバンド、
チューリップの1983年の曲です。

すでに全盛期を過ぎた頃で、シングルカットされた曲でもないので、
知る人はホントのファンの方くらいなもんだと思いますが、個人的に大好きな曲です。

昨年発売になったファンのリクエストによるベストアルバムでは、
この曲が第2位にランクインしており、ひそかに「俺の耳って確かじゃん!」と嬉しくなっています。

まぁ、愛とかよく意味がわからんのですけどね。。。
しかし、おかげさまでここ数日はこの曲ばかりが頭を流れています。。。



ちなみに写真の方は、先週の大佐渡山脈の麓の林道の様子です。
秋の天気らしく、降ったり止んだりの天気のなか、銘々に咲き誇る花たちです。