<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

彗星はいずこに

2009.02.06 Friday

JUGEMテーマ:夜空

ルーリン彗星なんていう、可愛らしい名前の彗星が姿を見せているそうです。
職場の先輩であるK氏がまたどこからか情報を仕入れてきてくれたんですが、
2月25日頃に北斗七星の直下付近を通過するらしく、その頃が撮影のチャンスかな?と。。。


【20mm f9 30秒 WB=昼白色蛍光灯 ISO=200 中央重点測光】

先日、朝日新聞にもこの関連記事と写真が載っていたんですが、
写真といっても、天体望遠鏡の先に特殊なカメラを設置し、5分も露光したものだそうです。

この時点で、彗星の撮影なんて半ば諦めたようなもんなんですが、
まぁ、25日を待ってみることにします。


【20mm f9 30秒 WB=電球 ISO=200 中央重点測光】

ふたつの夜景は、例によって佐和田の中央海岸のものです。
まったく同じ条件でホワイトバランスだけを変えてみました。
悩んだあげく、どちらにも良い!という得意の自画自賛の境地に至りました。。。


【18mm f3.5 15秒 AWB ISO=800】

最近、仕事が忙しいといえば忙しいです。
でも、見上げた夜空に星がこんなに並んでいることに気付かないなんてどうしちゃったんでしょう?

どんな時でも、その日の空の色くらいは覚えておく余裕を持つことをいつも忘れていないつもりだったんですが。。。

この日、空一面に輝く星を見てハッとさせられました。

とかなんとか言っちゃって、こんなに早い時間に、もうあんなにオリオン座が傾いてる…とか、
そういえば、最近、ちょっと天気が良いと、何となく春のにおいがするなぁ…とか、
日が長くなったなぁ…とか、
これが世に言う三寒四温かなぁ…とか、

こんだけのことが頭の中にあれば、まだまだ余裕ですな。

佐渡を離れて掘糎猶小旅行◆

2009.02.04 Wednesday

JUGEMテーマ:旅写真

戸隠での2日目の朝。
部屋の暖房が効きすぎていたせいもあって、浴衣がはだけてしまっても、布団から落っこちていても快適な眠りでした。


【40mm f9 1/40秒 WB=昼白色蛍光灯 ISO=100 中央重点測光 偏光フィルター】 

昨晩は優雅な灯りを燈していたお隣の宿も今朝は雪に覆われ、また違った風情を醸し出していました。

「泊まったのはこっちの(ボロ)宿で良かったんだよ」
「何で?」
「だって、こんなキレイな景色が撮れるでしょ?」


【50mm f5.6 1/30秒 WB=曇天 ISO=200 中央重点測光 偏光フィルター】

温泉まんじゅうをほおばりながら足湯へ。
そこから見上げた宿の風景です。

寒々しい姿が似合いの宿だと思います。


【18mm f4.5 1秒 WB=曇天 ISO=200 中央重点測光】

信濃中野ICから高速に乗り、長野を後にしました。

続いて訪れたのは、当然、柏崎。
ここは米山大橋に程近い「米山大黒亭」といううどん屋さんです。

「顔がふたつ並んでるみたい」
「タモリじゃん」
「・・・」


【40mm f8 1/20秒 WB=日陰 ISO=400 中央重点測光】

同じく、米山大黒亭にて。

窓際の席に座る夫婦(たぶん)です。
必殺の逆光写真です。

「らしいね〜」
「嫌らしいってか?」
「わかってんじゃん!」


【18mm f9 1/6秒 WB=昼光色蛍光灯 ISO=400 中央重点測光】

同じく米山大黒亭です。
この風が吹くたびに“ガタガタ”と音をたてる廊下の戸が好きです。

大学時代に先輩に連れてきてもらったこのお店。
考えてみたら、年に一度は必ず来るお店になっていましたが、地震後に来たのは初めてでした。
いたるところに地震の傷跡が残っていました。

それでも海から吹く風にガタガタと鳴るこの戸や、厨房から聞こえる威勢の良い掛け声に触れ、
このお店が元気にやっていることを存分に感じることができました。

きっと、今年の夏あたりにでもまた来ていると思います。


【30mm f5.6 1/30秒 WB=日陰 ISO=200 中央重点測光 偏光フィルター】

ところ変わって、寺泊にある角上魚類です。
日曜の午後ということもあってか、割合人は少なかったようです。

「ここ来るの初めて!」
「ウソでしょ?」
「ホントだってば!」
「ウソでしょ?」
「ホントだっつっとるだろーが!」

ここへ来たら必ず鮎の塩焼きを食べることにしています。
この日もいただきました。

一匹ほんの¥400です。
おいしいです。
是非お試しください。
おいしいです。


【22mm f22 5秒 WB=太陽 ISO=100 中央重点測光 ND400フィルター】

角田浜の海水浴場に程近い海岸です。
意外と人気スポットだったのか、次々と車が入って来ていました。

ここは思い出の地なんです。
ここの駐車場のトイレ(いわゆるボットン)に財布を落っことして半日大騒ぎしたのはもう8年も前になります。

悪戦苦闘の末、拾い上げた財布にホースで水をかけながら清掃員のおっちゃんが言ったものです。
「ウンがついたなぁ!」と。。。


【50mm f11 1/100秒 WB=太陽 ISO=100 中央重点測光 偏光フィルター】

実は微妙に3泊4日だったりしたこの小旅行。
気がつけば日本海を佐渡へ向かうフェリーに乗っていました。

思い返してみたら、まばたきよりも短い旅行だったような気がしてなりません。
視界に浮かぶ佐渡島の姿さえも切ない景色と思えてしまうのは、旅を終わらせたくないからなんでしょう。。。

次にゆっくりと佐渡を離れるのはGW頃でしょうか。

「終着駅は始発駅」
旅に出る時、何が楽しいって、行くまでのあれこれ考える時間が楽しみです。
今日からまた次回の旅までの楽しみが始まったと思えばいい。。。

素敵な小旅行にしてくれたこと、やっぱり感謝を伝えたいと思います。

佐渡を離れて掘糎猶小旅行 

2009.02.03 Tuesday

JUGEMテーマ:旅写真

2月からの多忙期を控え、リフレッシュと鋭気を養うという目的も兼ねて、長野方面への小旅行へ出かけました。


【18mm f11 1/80秒 WB=曇天 ISO=100 中央重点測光 偏光フィルター】 

高速道路を妙高高原ICで降り、さらにR18号を経由して戸隠方面へと向かいました。
戸隠へと向かう山道はこんな雪景色に囲まれていました。


【18mm f11 1/5秒 AWB ISO=100 中央重点測光 偏光フィルター】

井上竹細工店です。
これ以上詳しいことはわかりません。


【26mm f11 1/5秒 AWB ISO=100 中央重点測光 偏光フィルター】

「民宿案内所」の看板の先にあったのは、小さなたばこ屋さんでした。
昔は民宿の案内をしていたそうです。
看板を外していないので、今もお客さんが訪ねてくるそうです。

おいしいお蕎麦屋さんを訪ねたところ、「自分たちで確かめるのがいちばん!」というすばらしい回答を得ました。


【26mm f11 1/8秒 AWB ISO=100 中央重点測光 偏光フィルター】

立ち寄り湯を探し歩いている最中に通りがかった喫茶店です。

この周辺はお寺や蔵が多いようでしたが、現在はそのままの形でこうした喫茶店や旅館に姿を変えているようです。
味のある感じの旅館もたくさん見つけました。

…結局立ち寄り湯には辿りつけず。。。


【30mm f5 1/13秒 AWB ISO=400 中央重点測光】

戸隠蕎麦です。
先の案内所のおばちゃんに言われたとおり、自分たちの舌で確かめるようにしました。
このお店でお昼は2件目です。

いつもの癖で2件とも大盛りを頼んでしまったんですが、お蕎麦なら何杯でも食べられそうです。

「そんなんで味がわかるんかい?」という声が聞こえてきそうです。


【60mm f5.6 0.8秒 AWB ISO=100 中央重点測光】

宿泊は中野市にある湯田中渋温泉街に素泊まりでおさえました。
当然、夕食は外へくりだすわけですが、そうなれば行く先はガッツリ飲めるお店ということになります。

旅先で知らないお店に入り、おいしいお酒を飲む。
そして、酔いが回り始めた頃に、ふと我に返り、非日常の現実に気がつく。。。
私にとって幸せを感じる瞬間です。


【45mm f11 3.2秒 AWB ISO=100 中央重点測光】

小雪の降る中を宿まで戻る道中です。
ここに住む人たちにとっては何てことのない日常の風景かも知れません。

それでも、このすずらんのような街灯のもとを歩くのは、とても幸せな気分がしました。
目に映る全てのものに新鮮な奇跡のような香りがするから不思議です。


【40mm f11 30秒 AWB ISO=200 中央重点測光】

宿の部屋のベランダからの一枚です。
向かいにある宿がとても素敵でした。

私たちの泊まった宿は別館のような扱いだったそうで、お風呂はこの写真の宿の温泉に入ることが出来ました。

明るい時間に、この部屋に入った時から、この夜景を想像して撮ってやろうと待ち構えていました。

それにしても、蕎麦屋をはしごしたり、お風呂嫌いなのに温泉に2度も入れてみたり、、、
またもやたくさんの“初めて”を体験させていただきました。

ちなみに、入浴中に居眠りをしてしまったことも、初めてです。。。