<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Somewhere along the way

2008.11.20 Thursday

JUGEMテーマ:つぶやき。


“あの頃”って言葉には、いつも優しさと暖かさがある気がします。

先週末の風景です。
まだこんなに暖かでした。



You said that love isn't perfect
Well I was gonna prove you wrong
I had it in my heart and hand
But now I'm singing your song



Somewhere along the way
A little piece of love fell away
Before I could even stop it
It had slipped away
Somewhere along the way
Somewhere along the way



Your eyes aren't quite to tender
I don't hear you laugh much anymore
Your touch has lost its warmth
You just don't talk much anymore



Somewhere along the way
A little piece of love fell away
Before I could even stop it
It had slipped away



Somewhere along the way
A little piece of love fell away
Before I could even stop it
It had slipped away
Somewhere along the way
Somewhere along the way



Was it just an illusion
That we ever loved completely
What's there now to believe in
If our perfect love can't be



Somewhere along the way


【♪ Somewhere along the way(あの頃)/YUKIHIDE TAKEKAWA】

冬の樹

2008.11.19 Wednesday

JUGEMテーマ:迫り来る冬


ついこないだまで夏だった気がします。

涼しい格好をして、蚊に刺されながら、打ち上がる花火を眺めながら、
夜の海で佇んでいたのが昨日のことのようです。



寒い1日でした。
昼間、一瞬だけ大佐渡山脈が姿を現したんですけど、既に雪化粧後の姿でした。



夕方からは水っぽい雪がボタボタと降ってきました。



職場から帰る頃には、道路にもシャーベット状の雪が積もっていました。
あっという間に冬がやってきました。。。

相川までは普段は30分もかからないんですけど、この日は50分もかかりました。
中山峠では、スリップする車が続出し、トンネル前に渋滞が起こっていました。

皆さん、突然訪れた冬に歓迎の準備が整ってなかったようです。。。



そう、相川は坂の町。。。

その坂を上って上って、たどり着いたところは大工町(だいくまち)というところです。
かつて、佐渡金山の金彫り大工が住んでいた町です。

「♪ゆ〜き〜のふ〜るま〜ちよ〜」と聴こえてきそうな風情です。



秋が残していった赤い紅葉が雪の中に顔を出しています。
この紅葉もびっくりしてるでしょうね。



玄関先に下がっていた氷柱です。
きっとくもの巣がそのまま凍ってしまったんでしょう。

私だったら、帰宅した自宅がこんな風に凍っていたら相当ショックです。
このくもの巣の主は無事なんでしょうか?

明日はまた寒い日の続きとなりそうです。

そこまで来ていたと思っていた冬が、あっという間に私たちを追い越して行きました。

小春日和

2008.11.17 Monday

JUGEMテーマ:花のある暮らし


お恥ずかしい話ですが、昔は(ちょっと前ですが)、「小春日和」とは春のことだと思っていました。
この時期にこの言葉を使ってみたんですが、間違いはないですよね???

昨日から天候は崩れ、明日以降は寒波もやって来るようですが、
一昨日の午前中は、この「小春日和」という言葉が頭に浮かんでくるようなお天気でした。



相川は坂の町です。そして、石垣の多い町です。
その石垣の隙間からは菊がたくさん顔を出しています。



またまたお恥ずかしい話なんですが、菊って自生するんですね。
こんなにたくさん咲いている菊に気づいたのは初めてです。



さらにお恥ずかしいことを言いますが、後ろからチュってしてる感じですね(笑)
手前の黄色い菊が「アーレーっっっ」って照れてるみたいです。

ところで、最後にもうひとつお恥ずかしいことを言いますが、上の花たちって、菊ですよね?



土曜日の午前中。子供たちの野球のコーチを終えてから、帰路ちょこっと回り道です。
佐渡金山へ向かう途中のカーブにあるイチョウです。



先日は沢根の山奥で思いがけず寒桜に出会ったんですけど、
こちらは本家本元の佐渡金山の寒桜です。



やはり“狂い咲き”と言われるとおり、春のように嬉々として咲いている風ではありません。
どことなく、遠慮がちに、戸惑いながら咲いている感じがします。



明日の佐渡は寒そうです。
この花たちが散ってしまったら、いよいよ冬の本番が訪れそうです。